« 遅く起きた休日の朝 | Main | 桂南光 »

2003.12.20

フリータを莫迦にしないで

久しぶりに教育テレビを見ていたら「しゃべり場」なる番組が始まりました。
この番組、10代の若者数名が与えられたテーマに従い議論を戦わせることで成立しているようです。今回のテーマは出演者の一人フリータの女性が提案した「フリータと言うだけで莫迦にするのはやめて欲しい。自分は夢を持っていて、それを実現するために一番都合が良いからフリータをやっている。だから、フリータだからと言って莫迦にするのはやめて欲しい」というものでした。
これに対して番組冒頭で歌人のアドバイザが「自分の中で恥ずかしいとかそういう思いがあるから、莫迦にしないでという言葉が出てくるので、自分に自身が在ればそんな言葉が出てくるはずがない」というような意見が提示されます。ただ、残念ながらこの言葉は冒頭のインタビューの発言で、議論の中では発言されていないようなので議論の当事者達に伝わったかどうか微妙な感じになっています。
議論の内容に関して言うならば、格別目新しい意見はなく、古来繰り返されてきた、安定した生活夢のために生活を犠牲にする賢い生き方と言うキーワードばかりでした。多分、彼らにとっては大人達も同じようなことを考え悩んだ時期があったとは想像もつかないのかもしれないとふと感じたのは私が年をとったという証拠でしょうか?
私がもし、大人になっていたとしたら、自分たちが思うほど特別でも特殊でもなくて、単に無知なだけだと知ったときに大人になったのかもしれません。
議論の中でやはり気になったのは「フリータを莫迦にしないで」と言った本人が一番フリータというものに対して偏見を持っているように見えると言うことです。彼女自身は夢を実現する手段としてフリータを選んでいる。だから、無目的に生きているサラリーマンや親のすねをかじっているだけのフリータとは違った存在であり、ただ単にフリータと言うことで一緒に扱って欲しくない…結局、フリータがどうこうと言うより自分を莫迦にしないで欲しいという主張でしかなかったように思えます。

|

« 遅く起きた休日の朝 | Main | 桂南光 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2261/37391

Listed below are links to weblogs that reference フリータを莫迦にしないで:

« 遅く起きた休日の朝 | Main | 桂南光 »