« December 2003 | Main | February 2004 »

2004.01.31

何故、ダチョウが?

最近のTVCMでは動物の活躍がめざましいですね。特にこの冬はく~ちゃんまでがスノボーに挑戦しています。
しかし、なんと言っても白眉はJRのダチョウでしょう。
よくあそこまで訓練した物だと関心を通り越して、動物愛護団体からのクレームを心配してしまいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

電車の中で

昨日の帰宅途中、通勤電車内での出来事です。
金曜と言うこともあり、車内には顔を赤らめた人が少なからずいます。私は日曜日に本番を控えて今日は最後のレッスンと言うこともあり、ちょっとへろへろ気味でつり革にぶら下がっていました。

ゴツン!

異様な音が車内に響き渡りました。車内はちょっと騒然としました。立っていた人だけでなく、座っていた人までも立ち上がり、音のした方を窺っています。音はドア付近から聞こえてきたようです。ドア付近ではなにやら人々が心配げに下を向いて、なにやら心配げに声を掛けています。付近に座っている人は立ち上がって席を譲ると申し出ています。どうやら、酔っぱらいが電車の振動に足を取られて転倒したようです。なんて言うか、皆さん親切ですねぇ。
何とか、座った問題の人を見やると顔がしらっちゃけて、かなり調子が悪そうです。途中、つつじヶ丘の駅で降りて休んでいくとのことでしたが、とっとと駅員に申し出て病院かなんかに運んでもらった方が良いんじゃないかと思いました。

ただ、こういう病人が出たとき電車が駅に長時間止まったりするとちょっとイヤな気分になるのは人として仕方のないことなんでしょうかねぇ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.30

Suspiction

最近,私はある疑惑を抱いています.

あまり,知られていないことですが私は昨年末から正月に掛けてタイ,カンボジア旅行をしてきました.その時,同行したのは友人のとり君です.旅行中,とり君は日本でひいた風邪にずっと苦しめられていました.

最近まで,特に気にしていなかったのですが先日ある事実に気が付き,愕然としました.何故私はそんな重大な事実をその時まで見落としていたのでしょうか?あまりの迂闊さに自身を呪いました.

タイでとりインフルエンザが1月に広がり死者が出る騒ぎになったそうです.日本にも大きな影響が出ています.

そんなタイに私と風邪をひいたとり君は行っていたかと思うとぞっとします

ところで,とり君のそれは風邪でインフルエンザでは…
とり君のインフルエンザ…
私は何も疑っていません

タイにおける鳥インフルエンザについて

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MOS:匠味(たくみ)レタス誕生。

匠味(たくみ)レタス誕生。

渋谷区内では取り扱い店舗がないのね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

DVD:ロズウェル~星の恋人たち~DVDコレクターズ・ボックス

ロズウェル~星の恋人たち~DVDコレクターズ・ボックス(1)(初回限定生産)

う~ん、Foxだから、アリーみたいなことが考えられるので一寸悩みますねぇ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

物欲大王

最近,私が以前作ったNumberPushにアクセスガ増えてきて居るみたいですが,同時に公開している(といっても,まだまだ未完成で取説もないんで,単に倉庫に置いてあるだけなんですが)物欲大王を持って行かれた人はいらっしゃるんでしょうか?

そもそもこのソフトは物欲くんというソフトに触発されて(と言うかパクって)作った物で,人前に出せるような物ではないんですが…

そうは云ってもこのまま放置するのもあれなんで,いずれは完成させ,A.Mizunoさんに捧げたいものです…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

そういえば

橋本はどうしたんでしょうかね040130121419.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

牛乳配達に勝つ

私は宅配の牛乳(実際は飲むヨーグルト)を週3回ペースで届けてもらっています。
当初、配達時間は朝5時くらいだったのですがいつの頃か、2時から3時くらいに届けられるようになったのです。まぁ、実際問題としては特にどうと言うこともないのですが飲んだ瓶を宅配ボックスに入れていないうちに新しい物が届けられると何となく敗北感を感じてしまいます。

別に私自身は負けず嫌いとか相違ことはないんですが、負けたり、逃げたりするのは性に合わなかったりします。

そして、今夜は先ほど空き瓶を出したらまだ届いていませんでした。どうやら勝ったようです。

イヤ本当に負けず嫌いとかじゃないですよ…マジで

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.29

house arrest

以前から漠然と疑問を感じていたことですが軟禁と監禁の違いは何処になるのでしょう?
house arrestを辞書で引くと軟禁と言うことになるらしいです.翻って,監禁を調べてみるとimrisonmentとかconfinemrntと出て来ます.しかし,用例を調べていくとplace sb under house arrest 自宅に監禁するとあります.監禁するはずが軟禁を意味するhouse arrestが入っていて,監禁を意味するimrisonmentとかは使われないようです.
国語辞典を調べると混乱は増すばかりです.
はたして軟禁と監禁の違いは何処にあるのでしょう?と,書き込んでいたらATOKが軟禁はあまり厳しくない監禁のことであると教えてくれました.うん,まあそうなんでしょうね.

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.01.28

When eating two kinds of hamburgers

ひびのめも(2004/01/27)を更新しました.

皆さんはどう食べるんでしょう?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.27

消えた少年達(0315)

読書日記を更新しました

後味悪いっす

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Macworld/MacCentralスタッフが選ぶ、「7つの過ち」

ITmedia PCUPdate:Mac生誕20周年:Macworld/MacCentralスタッフが選ぶ、「7つの過ち」

Pippinは何て云うか残念でしたけど,Cubeは今こそ,それなりに受けるのでは?
もちろん,G5で静音はキーワードとして重要でしょうが…

| | Comments (1) | TrackBack (0)

古賀議員、釈明の疑問点

古賀議員、釈明の疑問点Yahoo!ニュース - 政治 - 時事通信

歳費に関しては言及するべきではなかったと思いますね.本人にその意図はなかったかも知れませんが問題のすり替えという印象が強いですね.

基本的には議員を辞めるか辞めないかであって,歳費云々は姑息な印象を深めてしまうと思います.

個人的には学歴詐称たって別にそれで投票したわけでもないと思うので,たいした問題とは思えないんですが,その後の対応を見ているとご本人の無能さが目立ってしまい.こんな人でも議員に選ばれてしまうと言う事実に愕然としてしまいますね.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

The guide of bare feet

あれはアンコール遺跡の中でもあまりよくわからない遺跡での話です.その遺跡は他の遺跡と比べると規模はたいして大きくはなかったのですが,結構な高さがあり,頂上から眺めた風景はなかなか高所恐怖症を誇る私としてはなかなか一言では言い表せないほどの物です.
石段(階段と云うより,石の梯子と言った方がより適切かも)を這うようにして上っていくと,上の方から片言でありますが間違いなく日本語が聞こえてきました.

「オニイサン,オソイヨ」
こんなところに兄弟が居たとは聞いたことがありません.怪訝に思っていると,梯子の上方から手が差し伸べられました.確かに渡りに船,かんだたに蜘蛛の糸とばかりに縋り付きそうになりました.しかしそこは私も男の子,何とか自力で登り切ると,そこには2人のカンボジア人と思われる少年がにこやかな笑顔と共に立っていました.つられて私も笑顔で「ダイジョウブダイジョウブ」と怪しげな発音で返しながら,ふと彼らの足下に目をやりました.

なんと!彼らは裸足だったのです.

まあ,私もサンダル履きなので偉そうなことは言えませんが(って云うか,舐めているのかという話?),このむき出しのちょっと擦っただけでもめちゃめちゃ痛そうな遺跡を裸足ですか?そりゃあ健康に良さそうですね.

ちなみに私は足の裏が敏感で,健康サンダルのイボイボにも30秒すら耐えられなかったりするのは別の話ですね.

そんな彼らはその後も私につきまとい…じゃなくて,付き添い上り下りを補助してくれたり,あまり端には行きたくないのに縁まで連れて行き,景色の説明をしてくれたりとまさにガイド状態です…

っていうか,ガイドの押し売り?

やがて,5層ほど有った遺跡を第2層くらいまでおりてきたとき,2人のガイドは私を人気のない方に誘ってきました.一緒にいたとり君とはこの時点で分断され,微妙な雰囲気が漂っています.気が付けば先ほどまで人なつっこい笑顔の少年二人も心持ち強ばった表情です.どうやら,ここからが蜘蛛の糸の本番みたいです.
一人の少年がおもむろに「マネー」と言い出しました.どうやら,此処まで案内してやったから金をくれと云うことらしいです.普段であれば,親切にして貰ったことですしお金をあげても良かったんですが,こんな人気のないところにつれてきてから要求されたことにちょっと腹を立てた私は,実際手持ちのお金が無いこともあり「I have no money」と答えました.その後,その第2層の外周を一周する間,彼らはお金を要求し続けていましたが,実際お金を持っていない私は要求に応えるわけにも行かず断り続けました.

やがて,正面に戻ってきたときとり君とガイドの弟君が見えたので私は第2層から地上に飛び降り,裸足のガイド,二人を置き去りにその遺跡を後にしたのです.

まさに遁走!

正直,手元にドルが有ればあげても良かったのですが$1のコーラすら飲めない状況の私としてはいかんともしがたい状況でした.次回,彼らに会うことが有ればちょっとはチップをはずんであげようと心に誓いながら次の遺跡へと向かいました.
う~ん,今回は最初にちゃんと断らなかった私が悪かったですね.次回も無事にすむとは限らないのでよい子はまねをしないようにね.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

オラとオレ

久々にドラゴンボールZを見ました。ちょうど、ナメック星でフリーザと戦い、スーパーサイヤ人として覚醒するあたりから見ています。そして、何気なく見ていたんですが一つの違和感が頭の中に取り付いて離れません。
最初、その正体がなんなのかわからなかったんですが、先日録った銭形金太郎を見ていてはっきりとわかりました。

私の中で、悟空は自身を「オラ」と呼ぶ物だという認識でいたのですが、スーパサイヤ人になった悟空は「オレ」と言っています。これでは土田サポータのギャグもおもしろさ半減です(って、誰も気にしてないですか?)

確かにスーパサイヤ人になると目つきも悪くなり、髪もパツキン(死語?)でチチが不良になったと心配するのもよくわかります(多分)ましてや、「ぼく」と言うはずの悟飯までも「オレ」になってしまったとしたら、教育ママであるチチが嘆くのもうなずけますね。

この先の展開の中でこの呼称が「オラ」に戻るのかどうか、また、スーパサイヤ人になった悟飯もまた「オレ」と言うのか今後の展開を見守りたい物です。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.01.26

JRと事故

JRを利用していると必ずと言っていいほど,どこかしらで事故,故障が起こっており,かなりの確立で影響を受けます.確かに,あれだけの本数が短時間の間に詰め込まれた上に駅には人が溢れんばかり,なんですから事故が起こらない方が不思議なくらいです.

以前,あまりに人身事故が多いのでJR中央線の駅長さん達がお払いのようなこと(ああ,またうろ覚えの知識で書いてます)を合同で行った事もあったらしいです.はたして効果の程は…

そういう中でも当事者を捕まえて,山手線の先頭車両(と言うより運転席前)に縛り付け,山手線一周引き回しの刑に処したい時もあります.

たとえば,代々木付近で線路に人が立ち入ったために安全確認のため,私が乗っていた総武線の千葉行きが新宿大ガード辺りで10分以上止まっていたとき.

新宿駅で,痴漢が線路に逃げて他のホームへ上がったため,埼京線が止まったとき

等々あります.

そして,昨日も総武線は新宿駅で人身事故のため上下線共に止まりました.幸い,私は山手線だったので無事新宿でおりることが出来ましたが,紙一重感は強いですね.

また,朝とかに意外と多いのが車両故障.これで途中駅におろされると最悪です.なんと言っても電車1本分の乗客が駅で次の電車(しかもすでに満員)を待つわけですから,あとは地獄ですね.わたしは何故か,このシチュエーションでは大崎におろされるパターンを何度か経験しています.できれば,新規の乗客は乗せないで,乗ってる乗客が全て降りるまで,一周してくれない物かと思ったのは私だけではないはずです…多分

| | Comments (0) | TrackBack (0)

テトリスは殺人教育ソフト[ゲーム業界ニュース]All About Japan(1/3)

森氏:テトリスは殺人教育ソフト[ゲーム業界ニュース]All About Japan(1/3)

テトリスはソ連の軍隊で人を殺すための教育の一つとして開発されたもの」

いやいや,世の中いろんな意見がありますねぇ
しかし,テトリスで殺人教育なんて出来るんでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.24

a or the

ご多分に漏れず、私も最近のはやりと言うことで養老孟司先生の「バカの壁」を手に取りました。
そこで読み進んでいくと、その中で微妙に違和感を感じる節が出てきました。論じたいにクレームをつけるとかするつもりはないんですが、何か微妙に納得がいかないというか、違和感を感じてしまうのです。

そこでは冠詞、それも定冠詞と不定冠詞に着目してイデアの概念を説明するためにThere is an apple on the desk.と言う文を題材にしています。先生はその前の説で「リンゴ活動」という概念からのつながりを重視したのか、この例文でもリンゴを中心に話を進めます。先生はここで“an apple”とリンゴに不定冠詞がついていることをリンゴに実体が伴っていない、あくまで話の中での「リンゴという概念」であるとし、それ故不定冠詞“an”をつけており、手に取ることにより「リンゴが特定」されて定冠詞“the”をつけることになると説明しています。

そこで、疑問なのは机についている“the”はどうなっているんでしょうね?そっちの方も説明して欲しかった。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

味覚

最近、何となく感じるのですが味覚がだいぶ鈍くなっているような気がします。

よく聞くのが、ウォークマン等で大きな音を聞き続けると自然と鼓膜が鈍くなり、小さな音に対する反応が鈍くなると言うことです。これは実際調査データもあるらしいですが、まあ本題に関係ないので割愛します(オイオイ)

で、私も辛い物とか味の濃い物系をよく食べているので未来が鈍くなったのではと感じる今日この頃です。

聴覚とは、健康診断で毎年測定しますが味覚はチェックしてくれません。今度からは味覚チェックも入れて欲しい物ですねぇ。ただ、どうやって測定するんでしょうかねぇ?地方によっても味覚の基準とかも微妙に変わってくるでしょうね。

ただ、下のあちこちにスポイドの様なもので謎の液体とか垂らして、チェックとかする日も遠くないかもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

暴君?

辛い物系は結構好きだったりしますが今回チャレンジしたのはこれ

最初、口に入れたときはそれほど辛いとは感じませんでしたが後から結構強力に来ますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.23

シアーズタワー、110階建てビルの全館で無線LAN実現

シアーズタワー、110階建てビルの全館で無線LAN実現

シアーズタワーに上ったのはもうかれこれ10年以上も昔なんですねぇ
最上階で,トイレに入ろうとしたら間違えて女性用に入りそうになり周りの人々から笑われた何て思い出はどうなんでしょう?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

弁当の思い出

中学、高校とお弁当でした。中でも、中学時代はなかなか途轍もないお弁当を持ってくる人がいました。
ありがちなのはジャー形式のさめないお弁当箱、なんて言うか、まさにジャーごと持ってきたとしか言いようのないお弁当でした。
また、必ず弁当に缶詰のチェリーが数個入れてくる者、人からパンを取り上げて食べる者(って、犯罪?)、等々枚挙に暇がありません。
そんな中で、衝撃的だったのは鮭缶を一つ持ってきて、醤油を掛けて食べていたK君につきるでしょう。弁当に缶詰を丸ごと一個、それまで私達が培ってきた常識とか、社会通念を根底から覆す事件…と言うほどでもないですが、その後缶詰を持ってくることがはやったとかはやらなかったとか

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.22

Donky Konga?

さすがにエキスパートレベルは難しいですねぇ
どうしても,コンガから手拍子に移るとき一拍程度遅れちゃいます.

後,あややの曲はハードモードでもしんどいっす

いや別にドンキーコンガ(樽コンガ同梱版)何て買っていないっすよ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.21

off

う~
風邪で死にました
最近、すっかり病弱な私だったりします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.20

The lord of the rings

日本では指輪物語として長らく親しまれてきた作品、RPG等のファンタジー作品はすべてここから始まったと言っても過言ではないでしょう(多分)権利関係にも結構シビア…まあ、これはD&Dの方かな?

それはともかく、この作品が映画化されると聞いたときは非常に期待しました。そして、その時の発表で3部作全てをすでに取り終えており、2作目以降は技術的な課題がクリアされるのを待って公開する様なことを聞いたと思います。
そして、まもなく3作目にあたる「王の帰還」が公開されるわけですが、どういったシーンに関する技術的な課題をどのようにクリアしたのか興味が湧く、今日この頃だったりします。

「二つの塔」まだ見てないんですよねぇ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MS VS MikeRoweSoft.com

MS、少年にドメインネームを放棄するよう”脅迫“

まぁ、MSも大変なんでしょうがこれはやりすぎなんじゃないかな?
ただ、少年の方にも作為的な物を感じないわけではないですがどうなんでしょうかね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

美神の黄昏

読書日記を更新しました

10年がかりの4部作でしたが終わって見れば…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

牛丼と紅しょうが

牛丼屋では一般に漬物としてか、紅しょうがが用意されています.秋葉のサンボはシバ漬けだったりしますが、私がよく行く吉野家と松屋では紅しょうががテーブルに置いてありますね
実を言うと私は紅しょうががそれほど好きではなく、焼きそばパンに入っていたりするとよけていたりしました.それが、ある時、牛丼に紅しょうがを山のように載せて食べている人をたまたま吉野屋で見かけ、非常に興味を抱きました.
あれでは牛丼の味がしないのでは?
ちなみに、サンボの牛丼には味がないと思うのは私だけでしょうか?
そこで、私も牛丼に紅しょうがを載せてみました.結果、意外とおいしいことがわかりました.以降、牛丼には紅しょうがを乗せて食べるようになったわけです.ただ、やはりそれほど紅しょうがが好きというわけでもないのか、紅しょうが抜きの牛丼も食べたくなります.しかし、一度でも紅しょうがを載せてしまうとその牛丼の中はご飯粒の一つ一つまでが紅しょうがに汚染されてしまい、二度と紅しょうが抜きの牛丼が食べられなくなってしまうという欠点にも気が付きました.
また、これは単に私の感覚なんですが吉野家の紅しょうがより松屋のほうが酸っぱいような気がします.紅しょうがと言っても奥が深いですねぇ

で、本題ですが、この間吉野家に行ったときのことですが、私の隣には4人組の専門学校生徒思われる客がいました.まず、彼女たちの注文を聞いてびっくりしたのですが禁断の‘ねぎだく’を頼んでいるじゃありませんか!人として信じられないと思っていると、彼女らの行動はさらに信じられない領域に踏み込んでいきました.
なんと、紅しょうがをねぎだくでねぎがあふれ返っているどんぶりの上に山のように(比喩なんですがまさに山、高さは5cmをはるかに超え)、あるいは団子のように盛り上げたのです.
私はしみじみ思いました.

人の嗜好は他人には

理解できないものだ
ちなみに私が食べたのは焼き魚定食、ご飯大盛りだったりします.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.19

People in the curry store

今夜はカレーです。
カレー屋に入り自販機でメニューを選んでいるとき聞こえてきたやりとり

カツカレー中辛で
お時間が2~3分かかります
じゃあ、辛口なら早くなる?
いえ、同じくらいです

そりゃそうです、2~3分かかるのはかつをあげるのに必要な時間で、辛さを調整するための時間じゃないんだから

つづいて、入ってきたお兄さん

カツカレー中辛で
お時間が2~3分かかります
早くして

さらに彼と店員のやりとりは続きます。

氷の入った、お水のコップをかざして
空のコップと変えて
どうやらお姉さんには意味が通じなかったようです。不審げな顔をしていると
氷が入っていると嫌なんだ、空のグラスと変えて
この時点で私は彼のやろうとしていることが何となくわかりましたが、今ひとつ店員には伝わっていないようです。
なぜならば、お姉さん(どうやら日本人ではなく、日本語が若干不自由そうです)はコップに水だけくんでお兄さんに差し出しました。しかし、その水を一口、口にしたお兄さんは日田度、氷の入っていない水入りグラスを差し出し

空のグラスにかえてくれない!(かなり怒っているようです)
何が不満かわからず、途方に暮れる店員のお姉さん
ぬるいんだよ
追及の手を緩めないお兄さんの言葉に奥にいた店員(多分日本人)がグラスだけとりあげ件のお兄さんに渡しました。やっと空のグラスを手に入れたお兄さんはカウンタの上に乗っているタンブラー(氷と水が入っている)から氷が入らないよう注意しながら水を注いで満足そうです。

なんておかしな人たちが来る店なんでしょうか?しかも、一番まともそうな一人はここログに書くネタが出来たとばかりに聞き耳を立てている…って、それは私?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

リズム感

実を言うと(って言うか、なんか最近、ここでよくカミングアウトしているような気がする)私はリズムというものが理解できていなかったりします.どういう意味かというと、よく行進の練習なので音楽を聴いて合わせるようにと注意されます.
しかし、私には音楽の何に合わせればよいかわかっていませんでした.
そして、それを理解したのはエアロビクスをはじめてからです。なんか、音楽の中に、ドンドコ合わせやすい音が一定周期で聞こえてくるじゃないですか!もしかして、これがかつて行進のとき合わせろといわれた音楽の中のあれ?すなわち、生まれてから30年以上もの間、音楽におけるリズムというものをまったく理解していなかったのです.
ちなみ、カスタネットや手拍子などで、一定の速度と感覚でリズムを取れないのは私自身が若干の不整脈を抱えているからに違いないと睨んでいるのですがどなんものでしょうかねぇ

余談ですが、最近はウォークマンなどで音楽を聴きながら歩いていると、自然と曲のリズムに歩調を合わせている自分に気がつきます…なんだかなぁ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

βマックス

長らく使ってきたベータがまたもや壊れた模様である.電源はかろうじて入るのですが、どのスイッチを押しても反応しません.入ったままのテープも出てこないありさまです.修理に出すしかないようです.
しかし、ここで大きな問題があります.

  1. 10年以上昔のもの
  2. ソニーはもう製造を中止している
  3. 中にテープが入っている
いや、別に入っているからどうということも無いのですが、大体今までの経験ではテープが帰ってこない可能性が高いのでそれがちょっとイヤかな?などと思ったりします.
それに、数多く残っているβでとりためた映像をどうしろというのかな?>ソニーさん

| | Comments (0) | TrackBack (0)

DRUMLINE

最近この映画が気になっています.
実を言えば、私は小学生のときに鼓笛隊の試験に落ちたという苦い経験があります.もともと、音楽は苦手の方で自分からは受けるなんてありえない話だったのですが、私が通っていた小学校ではある年齢に達すると無条件で太古の試験を受けさせられます.
あらかじめ、与えられた練習曲の中から試験官(音楽教師)が選んだ曲を小太鼓で叩くという、今で言うならば太鼓でドン!の音符動きませんバージョンのような代物でした…イヤ、普通に譜面に向かって小太鼓を叩いただけなんですが
試験官も私がリズム感というか音楽的センスが皆無であることを招致していたので、私が指定された譜面はかなり簡単なものだったように覚えています.
しかし、
全然叩けませんでした!
譜面が簡単なだけにカッコの悪さはひとしおだったことは言うまでもありません..

| | Comments (0) | TrackBack (0)

闘う ●プログラマー

工学社から発行された闘う ●プログラマーと言う本を買ってみました。
始めの方に職業病がいくつかあがっていました。これを読んで、私にも思い当たる節があるので勝手にここで追加してみます。

  1. 独り言を言う
    これは2年目になった新人がしみじみ述懐していたことですが、配属された当初はなんて独り言の多い部署だと思ったけど、1年経ってみると独り言を言う自分がいたとのことです。
  2. 説明を設明と書いてしまう
    設計と死ぬほど書いた弊害と思われ、最近はワープロのせいかあまり見かけないです

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ニーベルンクの城

読書日記を更新しました。

ニーベルンクの指輪と聞いてゴッドローブを思い出す私って何者?
っていうか、松本零士のあれはどうなっていたんでしたっけ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.17

Herbert von Karajan

フルトベングラーに続いてカラヤンの話題です。
私がカラヤンと言う名前を具体的に知ったのは高校に入ってからです。同級生にカラヤン好きという男がいたのです。
しかし、実を言うとこれがよく理解できませんでした。音楽とは作曲家が同じならば誰が演奏しても同じ曲ではないのでしょうか?少なくとも演奏者ならともかく、指揮者によって違いがある等という発想は彼に出会うまで私の中にありませんでした。
ちなみに今もどんな違いがあるのかよくわかっていなかったりしますが…
そして、ご多分に漏れずカラヤンについても例のFMレコパルのコミックでその実態を知るに及ぶわけです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Ju-do?

あまり知られていないことですが、実を言うと私は昔ちょっとだけ柔道を囓ったことがあります。
最初は小学校時代、体の弱かった私は強くなるために近所の警察署で柔道を習うことにしたのです。
ちなみにこの入門の時、先生(当然、お巡りさん)から柔道を始めると好き嫌いが無くなる。と聞かされました。その理由は運動で体力を使うから何でも食べるようになるとのことです。

しかし

私の好き嫌いは
直りませんでした

初めての打ち込み練習の相手は何故か女性、おそらく婦警さんだったのでしょうが、後にも先には道場で女性を見たのはあの時が最初で最後でした。
ところで、当然のことながら試合などもあり、しかも相手は機動隊で柔道を習っている小学生だったりします。そして、移動は窓に金網の張ってあるツートンカラー(黒と灰色)のバスだったりします。
他人が見ると護送?

中学時代は学校に柔道部がなかったこともあり、普通にバスケットをしたりしなかったりしました。
次に私が柔道に出会うのは高校に入ってからと言うことになります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.16

Northern paradise

チェンマイへ行ってきたというと,バンコクの人たちは一様に寒かっただろうと同情してくれる.たしかに,チェンマイの町を歩いていると夜など,ジャケットを着た人を普通に見かけたりもする,地図で見る限りバンコクからだいぶ北上した辺りになるから.確かにバンコクより寒いというのは頷ける話ですね.

ちなみにカンボジアはバンコクから見て横方向の移動になるのでそんなに寒いという感じはなく,逆に暑いという印象が強かったです.

そんな安らぎのチェンマイですが,私たちはTシャツ一枚で彷徨いていました.なぜなら,北の大地と言っても沖縄よりも南に位置し,日中30℃近い気温の地方が寒いと感じる感覚を私は未だ持てていません.もしかしたら,チェンマイが寒いと思えるようになったとき,私は彼の地に移り住むことが出来るのかも知れません.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ちゃ〜しゅうめん

康竜の新メニューです
1000円は高いかなぁ?
040116162212.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

割り箸

昨日のとり君との会話

空いた皿を片づけるついでに使っていた箸まで持ってかれたとり君
「ああ,割り箸持ってかれちゃった!」
「大丈夫だよ,此処に未だ売るほど入っているから」
と私は机に備え付けの箸箱を空けて,割り箸の詰まった中を指し示しました.
「資源の…でも,割り箸は元々屑の木材から作っているから森林資源に影響はないんですよね」
「はは,そうだね.そういえば…ネタはっけ~ん!」
そんな,誰でも知ってそうなことを実は某社は知ら無かったというお話.
それは私が未だ小平の某社工場側のちっぽけな会社に勤めていた頃の話です.
その会社の社員食堂では森林資源を大事にすると云う建前から,使用する箸を使い捨ての割り箸から,再利用が可能な塗り箸に変更すると発表しました.すると,割り箸供給団体(正確なところは知りません,すみません)から鬼のような抗議が割り箸は材木の屑材から作っているから,森林資源に影響を及ばすどころか廃材の再利用という優れものなんだ!これで割り箸が売れなくなったら業務妨害とか,名誉毀損で訴えるぞと逆ねじを喰らわされてしまいました.
某社としては企業イメージのアップを狙った割り箸排除作戦だったのですが,裏目に出てしまったのは何とも皮肉な話ですねぇ.しかも,森林資源問題より箸の再利用に伴う洗浄による水資源の汚染問題に気づかないとは全く困ったモンです.

ゴミの分別問題もそうですが素人が中途半端に考えると逆効果になるという事は有ると云うことですかね?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.15

餃々餃子

今日は恵比寿で餃子です
写真は海老餃子と餃々餃子です
040115213651.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

旅日記 : 12/30 チェンマイへ I'm in luck! もしくは Every dog has his day.

やはり,日頃の行いが物を言うと云うことでしょうか?

尤も,私はタンブンとは縁がなかったりしますが…

旅日記 : 12/30 チェンマイへ I'm in luck! もしくは Every dog has his day.

トラックバックを送ってみる試験

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wilhelm Furtwaengler

実を云いますとフルトベングラーを初めて知ったのは,おそらく高校くらいの時だったと思います.当時,FMレコパルなる雑誌が創刊されました.それまで発行されていたFM誌とは一線を画した編集のそれは我々高校生にも受け入れやすい,端的に言えばライト感覚な雑誌でした.
FMレコパルでは有名な音楽家が様々なジャンルから選ばれ,当時有名な漫画家の手で伝記コミックとして連載されていました.印象に残っているところでは

音楽家漫画家
ビートルズ黒金ヒロシ
マービン・ゲイジョージ秋山
ブルーノ・ワルタ松本零士
セロニアス・モンク石森章太郎
そして,その中の一編としてフルトベングラーの伝記を読みました.
今回,この作品を読んで,フルトベングラーを思い出し,聞いてみたくなりました.

そこで,amazonから“合唱”を注文すべくカートに入れたところ,この商品を購入した人へおすすめ,みたいな感じで別の商品が紹介されていました.そして,そこに紹介されている商品のリストを見た私は力が抜けて,そのままブラウザを閉じてしまいました.

  • WWE INSIDE TRACKS 初回生産限定盤 ~ プロレス
  • 愛憎!アメリカンプロレス読本―ライバルが、家族が、いま雌雄を決す!
  • TAJIRI ザ ジャパニーズバズソー TAJIRI
  • Wwe: Trish Stratus - 100% Stratusfaction Guarantee VHS ~ WWE: TRISH STRATUS - 100%
  • ワールド レ<スリング エンターテイメント(輸入) 2004年度カレンダー

何かが間違っている!と感じるのは私だけではないはず


| | Comments (0) | TrackBack (0)

消えたオーケストラ

読書日記を更新しました.

不覚にも,今回登場する企業の名前に物語半ばまで思い至りませんでした.

イカワ→河合
ハヤマ→ヤマハ

あれほど,浜松,袋井と苦渋を舐めたというのに何て云うことですかねぇ

そういえばこの一冊は,今回,残り3冊をeBookOFFで入手するまで本棚で10年間も待ち続けていたんですね.やっと,読んであげることが出来ました.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Paradigm shift

大きな声では言えませんがこの記事を読むまで、私はオラウータンが正しいと思いこんでいました。

しかし、ATOKは“おらんうーたん”は一発でカタカナに変換しますが、“おらうーたん”はなぞの変換をしてくれます。どうやら、ATOKの辞書を作った人は“おらんうーたん”はだったようですね

って、オランウータンが正しいのだから当たり前か>自分

ところで似たような例では“うろ覚え”を“うる覚え“と勘違いしている例などもぐぐって見ると結構なサンプルを得られますねぇ

ホらデッキ: オランウータンvsオラウータン

| | Comments (1) | TrackBack (0)

It is not necessary to laugh so much.

10年掛かって4部作をそろえた話を友人にしたところ

「出版社に問い合わせればよかったんじゃない?」
「本屋さんでも調べてくれるはずだよ」
「10年間もその本をずっと放置していたの」

等々、笑われてしまいました。非道い奴はお腹を抱えて死にそうになっています。

まぁ、これで死んでも同情はしませんが…そんなに笑わなくても良いんじゃない?

ちなみに、集めるの10年掛かったこの4冊ですが読むのには1冊あたり2時間程度、すなわち8時間で読み終わってしまうというのは友人には話していません。

なぜならば、ますます笑い転げるだろうことが明白だからです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.14

神宿る手

読書日記を更新しました.

この作品は4部作から構成されているんですが、第2作を最初に入手したため、この1作目を入手するまで本棚に眠らせていたという曰く付だったりします.

ちなみに第2作を入手したのは1994年7月くらいの様ですから実に10年近くの歳月を超えて4部作を揃えたことになりますね…気の長い話だ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Morning scenery in train

暖かな日差しに包まれた電車の中はのどかな雰囲気が漂っています.夏であれば灼熱地獄とかす,日向もこの冬の日差しにあってはぽかぽかと眠りを誘うのみですね.

そんな中,囂々たる騒音が響き渡っています.日差しに誘われと言うわけでもないでしょうが,座席の一角に陣取った若者が居眠りと共に鼾を発しているようです.ちなみにこの鼾,別に今日初めて聞くわけでもなく,同じ時間帯の電車に乗ると必ず耳にします.まぁ,良くも良くもあんなによく眠れる物だと感心していました.

しかし,今日わざわざ此処に記述したのはなんと彼だけでなく,彼と斜向かいの人物まで鼾をかき出したからです.さすがにこれには閉口しました.まさか朝から鼾の二重奏を聴かされる羽目になるとは…

まさか,此処のまま鼾の数が増えていくなんて事は…無いと信じたい物です.

ちなみに私も良く電車で居眠りをする方ですが鼾は掻いていないはずです.なぜならば聞いた覚えがないからだったりします.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.13

Day Dream 2

探せば見つかるモンですねぇ

この番組のテーマ曲だったんですね。
古くはビューティフルサンデーなんぞもありますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Day dream by Yuming

なにげに古いカセットテープを眺めていたらもうどのくらい前になるのかも定かじゃないんですがユーミン(新井だったか,松任谷だったかも不明)のDaydreamと言う曲が出て来ました.どうも,朝のTV番組のテーマに使われていた曲らしいのですがアルバムに入っているところを見たことがありません.

そういうわけで,早速検索してみたところここにたどり着きました.

白日夢・DAY DREAM
■1980.5.21
■XT10-2379¥956(5% Tax in)

やはり,アルバム未収録だったのですね.結構好きな曲だったんですが…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

庄司薫

ココログに限らず,自分の駄文をインターネットを通して世間様に晒すようになって久しいですが,いつまで経っても文章力という物は上がらない物ですねぇ.

こんな私ですが一応,文章を書く上で目標としているというか,影響を受けたい(受けたとはとても言えません)と思っている作家が居ます.もっとも,谷崎の「小説作法」とかの影響は皆無であることは云うまでもありませんが…

ああ別に名前が同じだから気に入ったというわけではないです.ちなみに,栗本薫も好きな作家の一人ですが,これも名前との関連はありません…なぜなら,中島梓ファンだからです(多分)

庄司薫の映画と言えば小倉一郎というイメージを持っていましたが,岡田祐介の方だったんですねぇ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Like a stone?

私は慢性的な背中の強ばりを抱えているので、結構マッサージを受けます。それは日本国内にとどまらず世界各地でチャンスがあればマッサージ店を訪れます。
そうした中で、必ず言われる言葉があります。

のように堅い背中ですねぇ

初めて、この言葉を私に浴びせかけたのは京王線笹塚にある中国整体院の中国人整体士でした。彼は片言の日本語と英語を交えて会話をしますが、この時は英語ではっきりと“Stone”と口にされました。

せめてゴムくらいの堅さにまからない物でしょうかねぇ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.12

I have no ticket for return!

ひびのめもを更新しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

The policeman of Bali Island

警官と言えばバリ島でお世話になったお巡りさんを忘れることは出来ません。
例によって、徒歩でバリ島を彷徨いていた私と友人は、またまた例によって道に迷っていました。あとで地図を確認すると本来の目的地とは正反対の方向へひたすら向かっており、立て直しの可能性はほとんど無かったことが判明しました。もしもあの時、あの警官に出会うことがなければ私たちは今もバリ島を彷徨っていたかもしれません。

それは2時間近く彷徨い、そろそろ自分たちの進む方向性に疑問を感じ始めた頃のことです。地図を眺めながら周囲の建物に目を配り、自分たちの位置と、目的地の方向を確認すべく道路沿いのちょっとした空き地(おそらくどこかの店の駐車場)で私たちは一休みしていました。
すると、白バイ(白かったかどうかはよくは覚えていないのですが便宜上そう呼ぶことにします)が我々に近づいてきました。何をしているのかと問われたのでちょっと道に迷って、今地図を見て確認しているところだと現在の窮状を訴えました。そこで、どこに行きたいかと問われたので目的地である、ショッピングセンターを地図で示すと、彼は今私たちがいるところがそことは180°とは言いませんが100°くらいはずれたところ、殆ど町の反対側にいることを教えてくれました。どうやら、今まで2時間かけて歩いてきた道を引き返して、さらに1時間程度は歩かないと目的地にはたどり着けないだろうことが朧気ながらも私の意識に浮かんできました。
そこで、彼の警官は私はその空き地に建っている謎の小屋のようなところに連れて行きました。

「おまえ1000円(現地通貨でしたが円に換算してあります)持っているか?」
「はい、一応あります。」
「それを私に貸してみろ、タクシーを手配してやる」
どうやら、タクシーを止め、我々が目的地に行けるよう段取ってやると行っているようです。気になるのは1000円の使途ですが、運ちゃんにでも渡すのだろうと思い、深くは気にしませんでした。
「わかりました、お願いします」
と私はお金を彼に渡しました。
すると彼は、道路の中程まで出て行き、タクシーを空き地にまで呼び込んで目的地を告げた上で我々に乗るよう促しました。我々は彼の行為に感謝すると共にあの1000円がどのように使われるのか見守っていると、彼は満面の笑みを我々に向けるとそのまま手を振って、白バイで去っていきました。どうやら、あの1000円は彼に対する謝礼金として必要だったようです。
その後、無事にショッピングセンターへたどり着いた私達はここまでの運賃はショッピングセンターが持つため、無料で済むことを知りました。いったい何をやっていたのでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

SENse FACTORY: 乱歩・・・

実を言うと、乱歩の映画としては香山美子主演の「陰獣」が結構好きだったりします。当時の私の感覚から言うと香山美子と言えば銭形平次のおかみさんというイメージが非常に強かったのでこの作品にはぶっ飛びました。
たしか、予備校をサボって池袋の文芸座地下で見た様に記憶しています。

SENse FACTORY: 乱歩・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

埼京線? 籠原?


乗り換え案内で確認しました。件の電車は20:18 大崎発のJR湘南新宿ライン(快速) 籠原行きが正しかったです。一応、行き先と発車時刻は覚えていたんですが、新宿から大宮の方へ行く電車はすべて埼京線と信じていたみたいです。通勤で新宿、恵比寿間のみ利用なので実を言うと埼京線とJR湘南新宿ラインの区別がちゃんとついていなかったりします。
ちなみに、キップに関して言うと埼京線もJR湘南新宿ラインも違いはないと思います。
もっとも、普段は定期とスイカで乗っているのでどっちの路線も特に意識したことは無いのですが違いはあるのでしょうか?

愚者の備忘録: 埼京線? 籠原?

ところで籠原って途中、大宮超えたあたりで高崎線に変わるんですね。
う~ん、奥が深い…って、私が物を知らなすぎるだけ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.11

Tongue twister

早口言葉をメモってみました from ガキの使いやあらへん

  • 豊かなユタカの浴衣
  • ミルコ・クロコップの子ミルコ・クロポップ
  • 人志 避暑地で一人でシチュー作り
  • なま暖かい肩叩き機
  • 超豪華客船の観客は巨泉

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Bad Connection

今日は事情があって、お台場は謎の処理場併設の体育館(もうちょっとしゃれた名前だったような気が…)へ行ってきました。
いやぁ、覚悟はしていましたが寒いですねぇ。写真を撮って報告をとも思ったのですがあまりの寒さでパスしてしまいました。
まぁ、それはともかく事件は帰宅途中の大崎駅で起こりました。私たちの乗ってきた電車は大崎止まりの各停で、私塾まで行く必要のある私たちとしては大崎駅で乗り換える必要があります。
電車が大崎駅に入線していったとき、同じホームの反対側にはちょうど篭原行きの埼京線が止まっていました。これに乗り換えることが出来れば問題なく新宿まで直行できると私は小さな胸を安堵に撫で下ろしました。
しかし、予想に反して我々の電車が入線し、いよいよ止まろうかと言うときに反対側に止まった電車のドアが閉まり発車してしまいました。
なんて連絡が悪いのでしょう?やはり、JRとりんかい線は相互乗り入れはしていても乗客の利便性などには顧みることのない殿様商売と言うことでしょうかねぇ
結局、山手線に乗って還ってきました。

注)ここで篭原行きの埼京線とありますが正しくは湘南新宿ライン(快速) 籠原行きでした。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Beef bowl

昨日、何気なく、いつものように吉野家に行きました。行ってから、米牛肉問題を思い出しました。
今までは朝10時までしか注文の出来なかった、朝定食系が24時間いつでも注文可能になっており、特盛りは販売停止になっていました。朝定食は牛肉を使っていないのでわかるのですが、特盛り販売停止は実を言うとよくわかりません。量の問題なんでしょうか?何か、微妙に理由がよくわからなかったりします。
ちなみに私は吉野家のメニューでは焼き魚定職が一番好きだったので朝定食が24時間オーダ可能になったことは非常に嬉しかったりします。
そういえば、今回は並盛り牛丼を食べたのですがいつもより肉が少なく感じたのは気のせいでしょうか?個人的にはこんな時こそ増量して、命がけで食べに来る客(まあ、このタイミングで牛丼を食べに行くというのはどうなんでしょうねぇ…)にサービスをしても良いんじゃないでしょうか?まあ、それどころじゃないというのはわかりますが…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

遺跡の熱い一日

ひびのめもを更新しました。

  • 遺跡の熱い一日
  • アンコールな男?

| | Comments (0) | TrackBack (12)

2004.01.09

Police Badge is $5?

色々な国を旅していると驚く出来事に遭遇することが良くあります.

そんな中でも今回の出来事はバリの警官に次いで飛んでも警官シリーズ第2弾とでも申しましょうか?

それは育ちすぎた樹によって破壊された寺院の遺跡へ足を踏み入れたときのことです.入り口を抜け,しばらく道を歩いていると後ろから声を掛けられました.また物売りだろうと思い,振り返ってみるとなんと相手は警官のようです.その証拠にこんな事を言い出しました.

おまえらは旅行者か? 警察バッチを売ってやる. 本物だぞ,ほら,俺の付けているのと同じだぞ. 値段は5ドルだ おみやげにばっちりだ. 明日はホームランだ!(嘘)

相手は警官です,うかつに対応すると何をされるかわかりません.仕方がないので我々は貧乏でお金がないことを何とか説明して(本当に米ドルを全然持っておらず,1ドルのコーラすら変えない状態)有耶無耶の内に逃げ出しました.

しかし,その後も不安は消えません.もしかして次のようなシチュエーションでこのバッチを持っていないばかりに逮捕されたらどうしようかと想像が膨らみます.

  1. 飲食店で突如検閲,バッチを持っていない人間は莫大な罰金を課せられる
  2. 道を歩いているとき不審尋問される.バッチを持っていない人間は莫大な罰金を課せられる
  3. 怪しげな店で怪しいことをしている時,突如踏み込まれる.バッチを持っていない人間は莫大な罰金を課せられる
  4. 出国の際,バッジの提示を求められる.バッジを…

ただ,持っていたとしても次のような妄想は膨らんでいきます.
  1. 飲食店で突如検閲,バッチを持っていると言うことで怪しまれ莫大な罰金を課せらバッジを取り上げられる
  2. 道を歩いているとき不審尋問される.バッチを持っていると言うことで怪しまれ莫大な罰金を課せらバッジを取り上げられる
  3. 怪しげな店で怪しいことをしている時,突如踏み込まれる.バッチを持っていると言うことで怪しまれ莫大な罰金を課せらバッジを取り上げられる
  4. 出国の際,バッジの提示を求められる.バッジを…

どっちに転んでも不吉な想像ばかりが頭の中を駆けめぐります.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

便利が良い?

朝,会社に向かって歩いている時
ふと後ろから聞こえてきた会話が気になりました.

此処は便利が良いからねぇ

便利とは元々,便が良いことを示す言葉で良いのは当たり前,
便が悪いならば不便と言うことになるのがスジつうものでは?

正しくは此処は便利だからねぇとするべきでは?

などと考えるのは歳を取った証拠?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.08

朝の出来事

ひびのめもを更新しました

または私は何故トイレに行きそびれたか

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Record of a trip(Photo Album)

今回の旅行で撮った写真をフラッシュのアルバムとして期間限定で公開します.
旅の道標からどうぞ.後日,ちゃんとした形で公開する予定ですがそれまでの暫定版と云うことでご興味のある方はご覧ください.
感想等いただけると幸いです…って,それほどの物ではないんですが…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.07

Angkor Vat seen from the balloon

アンコールワットに到着した日に乗った気球から撮った風景です。もう少し近くだとよかったんですが…


DSC00068.JPG

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.01.06

帰国

ついに帰って来ました040106163152.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.04

From Bangkok

長かったような、短かったような今回の旅行もついに残り二日となりました。チェンマイを朝発ちついに最後の宿泊地であるバンコックに戻ってきました。プランとしてはこのまま、パタヤ等に移動すると言うことも考えたのですがさすがに一泊だけは短いのでとりあえず最後の2泊はバンコックとしました。

次善の案としてクワイ河への一日ツアーも考えたのですが、話を聞いたホテルのツアーガイドが何を勘違いしたのか彼の地で日本人(彼曰くサムライ)がどんなに酷いかとか、爆弾を落とした話とかを延々と話してくれたので、丁重にお断りしました。どうやら、彼は私たちを韓国人と間違えたようです。しかし、彼自身の中に日本人に対する恨みのようなものがないかというとなんとも言えません。とても彼の案内で彼の地に12時間掛けて出かける気にはなりませんでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2003 | Main | February 2004 »