« 牛丼と言えば | Main | 汁と水の境界線 »

2004.02.12

555

今日DOSV Specialなる雑誌を読んでいましたら懐かしい石が出ていました.

その記事は最近のパソコン雑誌では珍しい電子工作を題材に取り扱った物で,目に付いたのはなにやらタイマーを作るという内容でした.

何気なくブロック図のような物を眺めているとタイマー回路というブロックが目に付きました.もしや,これはあの石を使っているのではと思い,記事を読んでみると案の定,誰でも一度は使ってみるタイマ用のICNE555を利用しているじゃありませんか.

何を隠そう,私が学生の頃,アルバイトでつくった,信号が入ると3つのランプが順番に点灯していくという信号機の回路部分に使ったいしだったりします.ちなみにこのときはCQ誌に丁度都合良く載っていたタッチセンサーの回路を参考に作ったことは秘密だったりします…まあ,20年以上経っているので時効だと思いますが

なんか,昔の友人にあったようなほのぼのとした気分になりました.

|

« 牛丼と言えば | Main | 汁と水の境界線 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2261/189932

Listed below are links to weblogs that reference 555:

« 牛丼と言えば | Main | 汁と水の境界線 »