« Fahrenheit 451 | Main | 牛タンとカルビと豚の生きる道 »

2004.02.19

64-32 architecture CPU

今更ですが、どうやら世の中は64bit時代へ着実にシフトしつつあるようですね。

実を申しますと、私が職業プログラマとして最初に携わったCPUはいわゆる4Bitマイコンと呼ばれる組込用のものだったりします。

このCPUがなぜ4bitマイコンと呼ばれるかと云えば、データバスが4bitだったからです。ちなみに命令は10bit長だったりします。

後に出てくるRISCチップから命令を70%喰らい削ったようなチープな命令セットしかもっておらず、引き算をするためには1の補数を取ってから加算するような非常にプリミティブな石でした。

64bitですか?$10倍になってしまったと言うことですかねぇ

Intel's Barrett says 64-32 architecture compatible with AMD's

|

« Fahrenheit 451 | Main | 牛タンとカルビと豚の生きる道 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2261/212121

Listed below are links to weblogs that reference 64-32 architecture CPU:

« Fahrenheit 451 | Main | 牛タンとカルビと豚の生きる道 »