« まぼろし曲馬団の逆襲 | Main | ここは魔法少年育成センター2(0324) »

2004.02.15

Beef bowl in racetrack

世間をあれほど騒がせた吉野家の牛丼ですが、東京競馬場等ではまだ販売されているようですね。
今日は私の父親が競馬場に言ったついでに吉野家へ寄った時の話です。混雑が予想されるため(なんていうかミーハーな親父です)念のため、早めに出かけたらしいですが、父が吉野家を覗いたときには子連れの客などで既ににぎわっていたそうです。

なんていうか、普段は取り立てて気にしていないものも無くなるとなると違うということですかねぇ。

聞くところによると、競馬場の吉野家では国産の牛肉で販売を継続をするため値段を従来の450円から、650円にあげて対応するようです。しかし、何故か今日はまだ450円で食べられたとのこと。まだ、米国産肉が残っているということでしょうか?そういえば、競馬場ですからあの騒ぎのときもあまり客が足を運ばなかったのかもしれませんね。

ところで、ここで疑問になるのはここでの通常価格が450円であるという点です。われわれの感覚では吉野家の牛丼は280円であったはずです。

どうやら、ここ東京競馬場の吉野家ではメニューを牛丼大盛り一本に絞って販売していたようです。でも、大盛りって450円でしたっけ?

|

« まぼろし曲馬団の逆襲 | Main | ここは魔法少年育成センター2(0324) »

Comments

馬のついでに立ち寄ったお父様は別として、
以前から不思議に思っているのは、ヨーロ
ッパや日本国内でBSEが話題になった時は
牛丼屋からお客が消えたのに、今回は駆け
込み需要となることです。なんで??

Posted by: firefox | 2004.02.16 at 11:10 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2261/200658

Listed below are links to weblogs that reference Beef bowl in racetrack:

« まぼろし曲馬団の逆襲 | Main | ここは魔法少年育成センター2(0324) »