« January 2004 | Main | March 2004 »

2004.02.29

早春の少年~伊集院大介の誕生

読書日記を更新しました。

ライツヴィルですか、本格推理派であれば一度は訪れてみたい町ですねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.28

そんなわけないだろう

何か、久しぶりにテツandトモを見たような気がしました。

新ネタですか…

がんばって欲しい物ですねぇ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.27

無線LAN導入(アクセスポイント設定篇)

ノートパソコンを有効に利用するためのソリューションとして無線LANは家庭内LAN環境として、かなり有効であろうと云う判断から導入に踏み切りました。

まず購入したのはアイオーデータ製のアクセスポイントWN-G54/AXPです。しかし、このアクセスポイント、発注してから調べてみると微妙な評価です。ちょっと、落ち込みました。

わが家ではルータを二階に設置しています。そこで、二階と一階を移動しても問題ないアクセス環境の構築を目指していたわけですが、この評価を読んだ限りでは通信距離に不安を感じました。ああ、なんで購入する前に評価を読まなかったんだろう…これは一度キャンセルした方が良いんじゃないかと様々な想いが私の傷つきやすい心を苛みました。

そうこうするうちに物が届きましたので、早速セッティングにいそいそと取りかかりました。

まずは、付属のクロスケーブルを使ってU101/P(PC)をアクセスポイント(AP)に直結します。この時、PCのIPアドレスをAPに合わせて設定しておく必要がありました。ケーブルを繋いで、AP、PCの順で電源を入れてやります。この順序は現実的にはどちらが先でもたいして問題はありません。なぜならば、この時点ではどちらも固定IPを設定しているからですね。

PCが起動したらIEを立ち上げてAPのアドレスをアクセスします。これでAPに内蔵された設定サービスを利用することが出来ます。この辺はルータとかの設定でおなじみですね。

設定はマニュアルにしたがっいあらかじめ決めておいたIDやキーを設定していけば充分ですね。ちなみにデフォルトではパスワードが設定されていないのでこれも設定しておかないとね。

この時、頭を悩ませたのは暗号化通信をするためのビット長とキーの設定です。

とりあえず、何も考えていない私は128ビット長の暗号化選択しました。その結果、キーを26桁作成することになるとは知らずに…涙

しかも、APの設定画面(マニュアルもそうですが)にはキーがキー1から4まで4つ設定するようになっているじゃありませんか!26桁(16進数)のキーなんて一個作るだけでも頭が痛いのに4つですか…はは、どうせ悪いのは私ですよ、128ビット長を選んだ私

何とか、一通りの設定を終えた私は最後にAP自身のIPアドレスを家庭内LANに合わせたあとルータへ接続しました。ルータに繋がっている他のパソコンからAPへアクセスすると先ほどの設定画面がでてきます。どうやらAPの設定はうまくいったようです。

設定に使ったPCは無線LANアダプターを内蔵しているタイプでしたので早速、こちらの設定に取りかかりました。

結果、APには接続できるのですがネットワークには繋がらないという衝撃の結末…

とりあえず、ふてくされて寝てしまいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.26

大怪樹

読書日記を更新しました。

ユグドラシルって云ってもLinuxのディストリビューションの話ではないっす

次はもう少し早く出して欲しいものですね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

探偵は吹雪の中で

読書日記を更新しました

なんか、ラストは大人のけじめって感じでしたねぇ
私としてはもう少し愁嘆場が有っても良いと思うんですが…

やっぱり、健三もたまには出して欲しいものですね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

逆光

読書日記を更新しました

別シリーズの登場人物がクロスオーバして出てくると何か嬉しいですねぇ.

元々、桐原は共通に登場していたんですが、今回は主役級の競演ですからね。

いわば、バイオニックジェミーと600万ドルの男、両シリーズの共通キャラとしてのゴールドマンが桐原ならばジェミーとスティーブが健三と探偵に当たるのではないでしょうか?

私としては探偵のシリーズにも健三にゲスト出演して欲しいところですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.25

人格を持った受付ロボット

カーネギメロン大学 バレリーはうわさ話好きらしいです。
現在のところ、コミュニケーションはキーボードを介してのみらしいですが、某エンジンを組み込めば言葉でやりとりできるようになりますねぇ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

電車の中で

ひびのめもを更新しました。

すっかり暖かくなりましたねぇ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.24

旅日記:『世界遺産 THE WORLD HERITAGE カンボジア編』 を見る

アンコールワットの遺跡群を廻る観光客はみんななんかしらの思い入れを持っているように見受けられました。

特に、植物に埋もれた寺院ではそこに住んでいる(?)老人の元へ、老人の写真が掲載された本を片手に訪れていた白人が印象的でした。彼らはどこでこの老人を知り、どれほどの想いでこの地を訪れたのでしょうか?

思いつきでいきなり訪れた我々でしたが、遺跡達は静かにそして笑顔と共に私たちを迎え入れてくれました。この次訪れることがあったしたらもっと違った姿を見せてくれるのかな?

旅日記:『世界遺産 THE WORLD HERITAGE カンボジア編』 を見る

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Gハンター・フォルクス

読書日記を更新しました。

作品中に登場してくる必殺技ですが、ネーミングが微妙だと思うのは私だけでしょうか?

  • G・ファントム
    幻惑互舞輪
  • Gハウンドストラッシュ
    無双悟武臨
なぜ、Gなのかは赤字のところを読めばわかります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.23

CHILDREN OF HOPE

読書日記を更新しました。

とにかく辛かったです。
ただ、最後まで読んだ甲斐はありました。

個人的にはオナー・ハリントンシリーズの方が好みですね。
いや、主人公が女性だからって訳じゃないっす

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.22

マジ軽ライト

夜間、自転車で走っていると無灯火の自転車に出会うことがままあります。結構、その存在がわかりにくく自動車以上に怖いですね。

多分、乗っているご本人はライトの必要性を理解していないんでしょうね。

夜間、ライトをつけて自転車に乗ると言うことは自分が道を見るためと言うこともありますが、周りに対して自分の存在を知らしめる効果の方が強いんじゃないでしょうか?

まぁ、ご自身が事故に遭われて死のうがどうしようが良いんですが、周りの人間が迷惑を掛けないで欲しい物ですね。

開発元:あき電器

製造元:小里機材

販売:マジ軽ライト

| | Comments (2) | TrackBack (0)

One Step on a Mine, It's All Over.

アンコールワットに心奪われた一人としては、かつて命をとして彼の者を目指した戦場カメラマン一ノ瀬泰造は忘れてはならない先輩らしいです。

この映画、タイトルは知っていたのですがまさかアンコールワット関連の話とは思わず、単なる戦場カメラマンのありがちな話と思っていました。ところがぎっちょんちょん、今回、アンコール友達のとり君の薦めでこの作品を見てみたら、とんでもなく心惹かれる作品でした。

作品中、幾度と無く登場する遺跡の姿は私達が彼の地で心に受けた壮大な印象を
まざまざと蘇らせてくれました。もしも、彼の地を訪れる前に本作品を見ていたとしてもこれほどのインパクトはえられなかったかもしれません。その意味では映画は彼の遺跡の姿を十分には伝え切れていないといえるかも知れません。

しかし、その中で泰造の描かれる遺跡への想いは鮮烈に私の心へ伝わってきました。
終盤、ジャングルを走り抜けた泰造の前に広がる遺跡を前にして、彼はカメラを持っていませんでした。どれほど、悔しかったでしょうか?命を賭してまで訪れた憧れの遺跡を前に彼は…

ちなみに一つよくわからなかったのは彼の友人、ロックルーはどうして養子になって金持ちの娘と結婚しなかったのでしょうかねぇ?

地雷を踏んだらサヨウナラ

レ・ファンが結構お気に入りなのは秘密だったりします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.21

Hungry Black Hole Rips Star Apart

ブラックホールと言えば、SFの世界以外ではなかなか現実味のない話で、白鳥座の傍にあるとかないとか言う話ですよね…
って、誰に聞く?>自分

SFの世界で有名どころとしては

  • ニコラスの空間
  • ホワイトホール
  • 地面にできたてのマイクロブラックホールを落っことした火星の話
  • マイクロブラックホールのふりかけ食べてバッドトリップ
等々、枚挙に暇がありません。

しかし、どうしてこの恒星はブラックホールに食い付かれてしまったんでしょうねぇ。まさか、野良ブラックホールに噛み付かれた…なんてことはないですよね。

でも、宇宙空間を野生のブラックホールなんかがうろついていたりしたら、いつ我らが太陽系にやって来るか心配になって夜も眠れない…なんて人はいないでしょうねぇ

ブラックホールが恒星を破壊する姿を、X線宇宙望遠鏡が初観測

Wired News: Hungry Black Hole Rips Star Apart

原題の方が邦題よりセンスがよいと感じるのは私だけでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.20

牛タンとカルビと豚の生きる道

新宿 ねぎしへひさしぶりに行って参りました。

いつものように、牛タンにするかカルビにするか、それとも両方行っちゃうかなどと思案しながら店に行くと、入り口に「豚ロース定食(今なら780円)」という感じのポスターが目に入りました。

どこもかしこも豚ばやりだな

などと思いながら席について、メニューを見るとどうしたことか、一部商品の上に紙が貼ってあり、内容を確認する事が出来ません。張られた紙を見ると「現在販売休止中」の文字が目に入ります。

何となく、店内を見回してみると壁に「カルビ販売休止のお知らせ」なる張り紙を見つけました。どうやら、ここねぎしでもカルビ肉が手に入らなくなってきているようです。

ここで疑問なんですが、牛タンが有るのにカルビが無い状態ってどういう事なんでしょう?

実を云うと、牛タンを知った当初は牛一頭から牛タンとカルビ一人前程度とれると思っていたのです。

まあ、なんだかんだと申しましたが、結局は豚ロース定食を頼んでいました>自分

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.19

64-32 architecture CPU

今更ですが、どうやら世の中は64bit時代へ着実にシフトしつつあるようですね。

実を申しますと、私が職業プログラマとして最初に携わったCPUはいわゆる4Bitマイコンと呼ばれる組込用のものだったりします。

このCPUがなぜ4bitマイコンと呼ばれるかと云えば、データバスが4bitだったからです。ちなみに命令は10bit長だったりします。

後に出てくるRISCチップから命令を70%喰らい削ったようなチープな命令セットしかもっておらず、引き算をするためには1の補数を取ってから加算するような非常にプリミティブな石でした。

64bitですか?$10倍になってしまったと言うことですかねぇ

Intel's Barrett says 64-32 architecture compatible with AMD's

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Fahrenheit 451

深夜、何気なくTVを見ていたらRODが放映されていたので見るともなしに見ていました。

どうやら、TV用の新シリーズのようです。夜中にこんな物を放映するとはなかなか侮りがたい世の中になった物ですね

その中で「華氏451作戦」なる物が出てきたんですが当然、元ネタはブラッドベリィの作品から考案された作戦名ですよね。

あれは原作もよかったけど、映画もなかなか捨てがたい物がありますね。なんて言うか、嘘部じゃなくて語り部の時代を暗示するクライマックスは雰囲気があってエンディングとしてはなかなか秀逸だったと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.18

俺と儂

小説を読んでいて、ふと、思ったんですが
1人称が俺からに変化していたんです。

男性の場合、少年期は僕、俺等と言った代名詞を用いて自身を表現します。
成人するにつれ、ヲイラ、私、漏れ等変化していきますが、老年期に達するとになる確率が高そうな気がします。もちろん、調査したわけではありませんが、物心付いてから20年以上生きてきた私の経験から推測してそう感じます。

では、一体「いつ、どんなきっかけ」で自身を「」と呼ぶようになるのでしょうか?

ひょっとしたら、70歳とか80歳の誕生日を迎えると自然とそうなってしまうと云うことなんでしょうか?境界線のタイミングではどんな精神活動が行われているのでしょうか?もしかしたら、寝ている間にLive Updateされてしまうのでしょうか?

はたして、私はいつ「」になるんでしょうかねぇ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.17

Astraware: Insaniquarium

Astraware: Insaniquarium

Clieの新型販売キャンペーンの一環として実施されているPlay&Buyで対象となっているゲームですね。

SonyStyleの方にも説明は有りますが、私なりにPlayした感想をまとめてみました。

このゲーム、基本コンセプトとしては次のようなことがあげられます。


  • 水槽の中でグッピーを育てる
  • グッピーは定期的に餌を与えないと死んでしまう
  • ある程度育つと別の魚に進化する
    (この時点でグッピーを育てるコンセプトが…)
  • 成長に従い、グッピーはお金のうんこをするようになります
  • 最初のグッピーが第一次性徴を迎えると新たにグッピーを購入することが出来ます
  • えさ代は有料です
  • グッピーが第3次性徴を迎えると新たに謎の魚(明らかにグッピーではない)を購入することが出来ます。
  • この謎の魚の餌は生まれたてのグッピーで、これ以降グッピーは生き餌並の扱いになります。
  • グッピーが第4次成長を迎えると体の色がブルーになりダイヤモンドのようなうんこをするようになります(ここまで来ると、餌入らない模様)
  • 1面をクリアするためには謎の卵の破片を購入して、一個の卵を完成させる必要があります
  • 物価は面が進むにつれ上がります
  • 卵からはお助けメカ(死語)が現れ、次面以降、助けてくれます
  • 途中、ランダムに出現するカプセル怪獣(謎)により魚を全て食べ尽くされると負けです

こんな感じ?(しかし、何処が基本コンセプトなんでしょう?まとめるのが下手すぎ)

途中、餌の効果が2倍になるアイテムとか、同時に2個餌を撒けるアイテム等購入することが出来ます。しかし、タツノオトシゴをゲットすれば自動的に撒き餌してくれるのでかなり楽です。

ただ、途中から購入できる謎の魚はダイヤモンドのようなうんこをしてくれるので非常に貴重なのですが、餌がグッピーというゲームの根本的テーマに対する過激なまでのアンチテーゼを主張していますのでその辺に弱肉強食と言う大自然の掟をなにげに盛り込んでいるところがなかなかえぐいと思ったのは私だけ?(だいたひかる風)

今のところ、必勝パターンを見つけるに至っていませんが(体験版で何云ってんだか)一つだけアドバイスをさせて頂くなら、

  • 敵が来襲したらグッピーを大量生産して囮として万が一にもゲームオーバにならない算段をする。
  • 敵はタップの具合である程度移動を制御できる(様な気がする)ので魚の居ないところに誘導して退治できるように祈る。
  • 生き餌となるグッピーは多めに作っておき、万が一にも高価な魚が飢え死にしないよう注意する
てな感じです。

問題はレジストするかどうかですねぇ…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3匹の猿

読書日記(0262)を更新しました.

ヴァンパイア戦争を思い出すのは私だけでしょうか?

購入したのは1999年8月だったんですねぇ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.16

恥ずかしい間違い

最近気が付いたんですが,Palm用倉庫のタイトルがPlam用倉庫になっていました.

Plamって,いったい…

そういうわけでちょっとだけ修正しました.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ここは魔法少年育成センター2(0324)

読書日記(0324)を更新しました.

第3巻は買うんでしょうか>自分

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.15

Beef bowl in racetrack

世間をあれほど騒がせた吉野家の牛丼ですが、東京競馬場等ではまだ販売されているようですね。
今日は私の父親が競馬場に言ったついでに吉野家へ寄った時の話です。混雑が予想されるため(なんていうかミーハーな親父です)念のため、早めに出かけたらしいですが、父が吉野家を覗いたときには子連れの客などで既ににぎわっていたそうです。

なんていうか、普段は取り立てて気にしていないものも無くなるとなると違うということですかねぇ。

聞くところによると、競馬場の吉野家では国産の牛肉で販売を継続をするため値段を従来の450円から、650円にあげて対応するようです。しかし、何故か今日はまだ450円で食べられたとのこと。まだ、米国産肉が残っているということでしょうか?そういえば、競馬場ですからあの騒ぎのときもあまり客が足を運ばなかったのかもしれませんね。

ところで、ここで疑問になるのはここでの通常価格が450円であるという点です。われわれの感覚では吉野家の牛丼は280円であったはずです。

どうやら、ここ東京競馬場の吉野家ではメニューを牛丼大盛り一本に絞って販売していたようです。でも、大盛りって450円でしたっけ?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

まぼろし曲馬団の逆襲

読書日記を更新しました。

奥付には第8,9弾続々刊行となっていますが、本書の発売が2003/3で、第8弾は2003/12ごろ何ですが、これでも続々刊行といえるのでしょうか?

イヤ、ちょっと気になった物ですから…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.12

汁と水の境界線

果汁120%充填完了!!

濃縮ってくらいだからなんかえらく濃くしたんだろうなあと思っていたんですが,この濃いと言うのが何に対して濃いのか長らく謎でした.言葉のイメージ的には

密閉された入れ物に入れたジュースをぎゅう~と圧縮したのかな

などとは微塵も考えて事はありません.

でもまあ,疑問に思っていたのは私だけではなかったのね

濃縮還元果汁って?(i-info!)

濃縮還元100%って?

と言うことは果汁を果と汁に分けてしまうわけですね.そして,汁を捨ててしまうわけですか.でもそうすると,圧縮した果のアーカイブを水で解凍すると汁に含まれていた水以外のうまみが失われてしまうって事ですかね.

不可逆変換だったんですねぇ

ちなみにタイトルをエキサイトで英訳してみたら

The boundary line of juice and water

汁はジュースですか?何となく納得しました.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

555

今日DOSV Specialなる雑誌を読んでいましたら懐かしい石が出ていました.

その記事は最近のパソコン雑誌では珍しい電子工作を題材に取り扱った物で,目に付いたのはなにやらタイマーを作るという内容でした.

何気なくブロック図のような物を眺めているとタイマー回路というブロックが目に付きました.もしや,これはあの石を使っているのではと思い,記事を読んでみると案の定,誰でも一度は使ってみるタイマ用のICNE555を利用しているじゃありませんか.

何を隠そう,私が学生の頃,アルバイトでつくった,信号が入ると3つのランプが順番に点灯していくという信号機の回路部分に使ったいしだったりします.ちなみにこのときはCQ誌に丁度都合良く載っていたタッチセンサーの回路を参考に作ったことは秘密だったりします…まあ,20年以上経っているので時効だと思いますが

なんか,昔の友人にあったようなほのぼのとした気分になりました.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

牛丼と言えば

どうやら,世の中には秋葉原にある牛丼屋「サンボ」について非常に興味をお持ちの方が少なからずいらっしゃるようです.

私としてはこの店に関しては漬け物がしば漬けであること,微妙に味が薄いことの2点くらいしか特徴を思い浮かべられなかったのですが,この度,友人のサイトにある掲示場から新たなる情報を入手しました.

それはサンボには「牛皿」と「お皿」,2種類のメニューがあり,この区別に関する情報です.

実際,私はこの二つについて特に注意を払ったことがないのですが,聞いてみると微妙な違和感を感じますがそれなりに納得しました…っていうか,まあそうなんだなぁというかんじですが

少なくとも,肉の載っている方が「牛皿」で肉の載っていない方が「お皿」と思ったのは私だけみたいです.

興味のある方は調べてみてくださいね.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.11

牛丼の消える日

ついに吉野家も牛丼の販売を停止した模様ですね。

ただニュースを見ていて疑問に思うことは正確に実情が我々に伝えられているのだろうか?と言うことです。牛丼が食べられなくなると言うセンセーショナルな話題ばかりを強調して、日米間における正しい状況がどうもはっきりしないような気がします。

インタビューでも“何故、米国で吉野家の牛丼が食べられるのに日本では食べられないのか”“早く、小泉君は輸入を再開しろ!“等、調子づいている方々が見受けられましたが、現実問題として輸入を再開することによってBSEが日本に入ってきたときどうするつもりなんでしょうか?まぁ、手のひらは何度返しても減らないと言うことでしょうか?

かつて、日本において全頭検査しなければならなかった状況をどう捉えていたのでしょうか?

特にマスコミは話題性のみを追求して現実問題として安全性を確保するためにはどうすべきかという点について、自分たちの都合だけで国民を意識誘導しないで欲しい物です。まぁ、もっとも戦時中に軍部の手先となって国民をだまして恥じることの無かった日本のマスコミにそんなことを期待すること自体無理な話なのでしょうが…

ところで、米国は自国の牛肉を日本に対して輸入するよう要求しているようですが、米国自体は日本からの牛肉輸入を禁止しているというのは事実なんでしょうかねぇ?

吉野家|お客様へのお知らせ|ニュースリリース

そういえば、中国の吉野家は中国産の肉で販売を続けると報道していましたが、それと日本における安全性の確保にどんな関係があるのかは結局、説明されなかったこともマスコミの無責任さを強く感じさせました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.10

焼け跡にて

大惨事!「ヤマギワソフト館」炎上!:価格.com

イヤマジな話、現場に行ってびっくりしました。昼から結構な騒ぎになっていたんですね。私が行ったときはもう火も消えていましたが全館見る影もありませんでした。
040210190443.jpg

それにしても、ミスドは痛々しいですねぇ

040210190850.jpg

裏側のニッピンあたりに行ったらかなり焦げ臭かったんですが、商品とかに臭いはつかなかったんでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

海洋冒険小説について

現在,久しぶりに銀河の荒鷲シーフォートシリーズの新刊を読んでいます.

シリーズの骨格としては新任の宇宙船乗りが数々の冒険を乗り越えて成長していく様を描いており,似たような系統としては太陽の女王号シリーズとか,銀河辺境シリーズ等がありますね.

特にこのシリーズと銀河辺境シリーズで共通するのは根底に海洋冒険小説ホーンブロワーの影が流れていると云うことでしょうか?

実際問題として,どうやら欧米人はこのホーンブロワーがいたくお気に入りのようで,もしかしたらトム・ソーヤと同じくらいにみんな読んでいるのではと思わずには居られません(実は根拠無いんですが…)

この辺は国中を海に囲まれたイギリスならではの話でしょうか?そういえば,ホーンブロワーだかボライゾーはスペインの無敵艦隊を破るエピソードがったように記憶しています.しかし,この無敵艦隊(そういえば歴史の教科書で習った覚えがありますが)ってすごいネーミングですよね.

同じように,海に囲まれた日本には同様の大河小説がないのは他国との海戦があまり行われず,せいぜいあっても神風で勝ったりでぱっとしないせいでしょうか?

そこで,海戦物のネタを考えてみました.


  • 倭寇に新しく入った少年が立派な海賊になる話…海賊王子?
  • 元寇の際,陰陽師に成り立ての少年が神風を呼び寄せるようになるまでの話
  • 海軍に入った少年兵がふとしたことから異次元に紛れ込んでしまう話…畝傍?
  • 海軍に入った少年兵が魚雷で敵戦艦に突っ込む話…桜花?

どうも,ぱっとしないですねぇ

そういえば,日本には軍隊の中で少年が成長していく話ってあまり聞きませんねぇ.あまり,少年を育てる環境になかったと言うことでしょうか?

そういえばマスターアンドコマンダーなんてのも同様の分類になりますかね?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.09

May be...

最近,人気俳優がドラマの中で連発していて批判されているようですが,私は随分前に日本人は”May be"が多いと云う批判を聞いたことがあります.

もう今から10年ほど前のことだったと思いますが,当時米大統領だったクリントンが誰か(ロシアのエリツィン?)に「日本人のイエスはノーである」というような主旨のアドバイスを送り,その中で彼は「日本人というのは真の意味でイエスとは言わず,やたらMay beを連発する」というような話をしていたと,当時研修で赴いていたシカゴのヤンキーから聞かされました.
そのヤンキーのニィちゃんも日本人のイエスは信用できないと自身の経験を披瀝してくれたんですが,もしかしたらクリントンの話はそのためのネタだったのではと疑っていたりもするんですが…

ただ,実際日本人はたぶんとか,おそらく,~らしいという曖昧な言い回しが得意な民族であることは確かで,それはやっぱり,腹芸とか,以心伝心とかに通じる発想なのかも知れませんね

どうも,曖昧な文章ですみません…多分,嘘は書いて居ないような気がしますが確かではないかも知れません.

ちなみに私がメイビ~という言葉を認知したのはリングにかけろの日米決戦辺りでアメリカの黒人ボクサー,多分シャフト?(ああ,またもや曖昧…っていうか調べてから書け>自分)が口にした台詞だったりすることは秘密です.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

G5の皮を被ったPC

How I PC'd an Apple G5

アメリカ人という人々は訳のわからないジョークを披露しますが,この記事に対する反応も結構切れていると思います.思い入れはわかりますが,行き過ぎはどうかと思います.

ちなみに,この記事はクリスマスにG5のデュアルプロセッサを貰ったアンディ氏が中身を取り出して,安物のPCに換装したという話を発表したところ,あまりの反応にビビッて,ジョークだったと言っています.冒頭,1300通のメールでメールボックスが一杯になった等窮状を訴えているようですが,信用はされていないようです.

でも,どっちにしてもばかげた行為の代償は高かったようですね.

「新品マックG5をウィンドウズマシンに改造」レポート掲載で大騒動

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ここは魔法少年育成センター

読書日記を更新しました

ドラゴンファームの方がおもしろかったですねぇ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.06

熱砂の放浪者

読書日記を更新しました.

長いつきあいになりましたが,これからあと100巻くらいはつづくんっでしょうかね.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.05

Guide of NumberPush for Palm

とりあえず,説明と遊び方のページを作りました.
良かったら,参考にしてください.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

白骨死体と司法解剖

怪しい死体が発見されると司法解剖に賦されるというのは刑事ドラマを一度でも見たことのある人ならば常識的な話でしょう.

したがって,今日のニュースで司法解剖の話を聞いたとき本来ならば違和感を覚える理由はないはずでした.しかし,実際には何となく不自然な物を感じてしまったのです.

それは,白骨死体を司法解剖したと言う事実を話としてはわかったんですが理解が出来なかったんです.

白骨死体と言えば,理科室等においてあった骸骨の模型を頭に浮かべてしまうのは私だけではないはず.そして,あの骸骨には解剖する余地が有るとはとうてい思えません.

でも,冷静に考えればそんな綺麗に骸骨になるわけもなく,それなりの状態なんでしょう.

しかし,そうなると

白骨死体と腐乱死体
違いは何処?

なんてことを朝から考えている私って一体…

法医学講座紹介

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.04

天高く、雲は流れ14

読書日記を更新しました。

ユンファはユメを救い出せるのか?(以下次号)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.03

PEG-TH55

「クリエ」PEG-TH55 -Sony Style

キーボードはやはりなしですか
って云うか,かなりボタン関係が押しにくそうなんですがその辺はどうなんでしょう?
まぁ,ゲームをしなければあまり関係ないんですが…

Bluetoothが無いのは痛いなぁ,なんと言ってもMacとホットシンクはBluetrooth経由…ああ,今使っているiBookにはBluetrooth付いてないから良いのか.

TG50って,NetFrontがメモリ圧迫しているんですが最近の機種はROMに乗っているらしいですね.それだけでも買い換えたい欲求がこみ上げてきますね.

とりあえず,下取り価格の調査をしなければ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

GT FORCE取付けキット GT-ONE

GT FORCE取付けキット GT-ONE
これを買っちゃうと社会人としてどうなんでしょうかねぇ
いや,別に欲しいとか云うんじゃないですよ
多分,私には小さいような気が…って,やっぱり欲しい?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Stand or Sit?

2004年1月27日放送の特ダネ特捜部(フジテレビ)において,洋式トイレで男性が小用を足す場合について議論が行われました.
私たち男性は子供の時から小用は立ってする物として生きてきました.これは雄犬が片足をあげて用を足すのと同様にある意味本能的な物ではないでしょうか?少なくとも,和式トイレにおいてはしゃがんで用を足すなどと云う概念は微塵も生まれる余地がなかったと思います.
ところが,昨今の洋式トイレにおいては小用であっても座って用を足すと言う流れが出て来たそうです.この背景にはトイレを汚さず,綺麗に使うと言う思想が流れているようです.
番組では,4組の夫婦が(どうやら,座って用を足すというのは奥さんからの要望であることが多いようです)登場し,座ってするか,立ってするかについて議論を交わしていました.
また,参考事例として洋式トイレを生んだ外人に街頭でインタビューを行い,実際どうなのかを尋ねてみたりしました.その結果,洋式トイレを太古から使い続けてきた外人にとっても男が座って小用を足すという考えはあり得ない物のようです.
別の参考事例としては便器メーカの実験室から,立って利用した場合と座って利用した場合の違いについて検証結果が提示され,立った場合はどんなに綺麗に見えても床,壁等になにがしかのおつりが飛来するようです.それに比べて,座って利用した場合は全く被害を及ぼさないことが実証されていました.
って,そんなことわざわざ確認しなくても自分のお尻で蓋してんだから外に飛び散るわけ無いじゃん…
どうやら,清潔に使うために座って利用するという考え方は合理的であり,否定する要素はないようです.
しかし,女性陣の居ないところで本音を確認するとどうやら必ずしも合理性だけでは解決できないような気もします.

はたしてこの戦いの行方はどうなるんでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エメラルドの魔導師

読書日記を更新しました。

魔導師、魔道士、魔導士、魔道師

元々は岡田英明(鏡明?)だか、荒俣宏あたりの造語らしいですがどれが一番しっくり来ますか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

遺伝子の使命

読書日記)を更新しました。

昔、読んだ利己的な遺伝子を思い出しました。また引っ張り出して読み返して見ますかね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.02

元祖親子丼(もつ入り)

今日は久しぶりに人形町へセミナー受講のために出かけました。

ランチは玉ひでにて親子丼を張り込みました。
040202131600.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

CHEAPER BY THE DOZEN

“一ダースなら安くなる(1950)”という映画のリメイクらしいですね。

私が元の映画を見たのはもう二〇年以上前のこと、当然TVの吹き替え版です。なんて言うか、ほのぼのとしたコメディという印象が強かったですね。


  • 人口制限を推進する団体が訪ねてきたとき、12人のが次々に顔を出して団体職員をこけにしたシーン
  • 医学的に正しく、効率的な体の洗い方
  • 時代遅れの水着、その効用…男は慎ましい女性を求める…って、いつの時代だ?

私の印象に残っているエピソードはこんなところですが、リメイクではどうなんでしょうかねぇ

一ダースなら安くなる 1950年作品
監督:ウォルター・ラング
出演・クリフトン・ウェッブ/ジーン・クレイン

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.01

浦賀和宏殺人事件

読書日記を更新しました。

密室本の謎とは?

ちょっと、ウロボロスのなんたらを彷彿させましたが全然違いますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

時刻表を撮る人々

昨日は久しぶりに東横線に乗って出掛けました。この路線は昔、戸塚に監禁(軟禁?まだ区別が…)されていた頃、実家へ里帰りする際にお世話になりました・ただ、横浜、渋谷間がどのくらい掛かったか覚えが無く、何か異常に(距離的にも、精神的のも)遠い旅だったという印象です。

そんな東横線ホームに改札を通って足を踏み入れたとき、何となく奇妙な光景が目に入ってきました。

一人の女性が何かを携帯で撮っていたのです。

その時は今時、東横線の車両を撮るなんてずいぶんなてっちゃんだなぐらいにしか感じませんでした。
その後、用事を済まして渋谷に帰ってきた私はまたもや異様な光景を目にしました。

駅の発車時刻表(電光掲示板)を多くの人が思い思いのカメラ(含む携帯)で撮していたのです。

こと此処に至り、私は自体の異様さを感じずにはいられませんでした。

何かがおかしい

時刻表をカメラで撮って、後でメモでも起こすのかな?

等とたわけたことを考えながら、改札を抜けたときあるアナウンスが耳に蘇りました。

本日は、渋谷-横浜間の運行になります

どうやら、横浜行きの表示が珍しくみんな写真に撮っていたようです。そういえば、彼らが撮っていた時刻表は全て行き先がYOKOHAMAとなっていました。きっとこんなことは珍しいのだろうと胸落ちした私はその場を立ち去ったのです。

東横線とみなとみらい21線との相互直通運転開始に
伴う東横線横浜~桜木町間の廃止について

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« January 2004 | Main | March 2004 »