« 555 | Main | まぼろし曲馬団の逆襲 »

2004.02.12

汁と水の境界線

果汁120%充填完了!!

濃縮ってくらいだからなんかえらく濃くしたんだろうなあと思っていたんですが,この濃いと言うのが何に対して濃いのか長らく謎でした.言葉のイメージ的には

密閉された入れ物に入れたジュースをぎゅう~と圧縮したのかな

などとは微塵も考えて事はありません.

でもまあ,疑問に思っていたのは私だけではなかったのね

濃縮還元果汁って?(i-info!)

濃縮還元100%って?

と言うことは果汁を果と汁に分けてしまうわけですね.そして,汁を捨ててしまうわけですか.でもそうすると,圧縮した果のアーカイブを水で解凍すると汁に含まれていた水以外のうまみが失われてしまうって事ですかね.

不可逆変換だったんですねぇ

ちなみにタイトルをエキサイトで英訳してみたら

The boundary line of juice and water

汁はジュースですか?何となく納得しました.

|

« 555 | Main | まぼろし曲馬団の逆襲 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2261/190250

Listed below are links to weblogs that reference 汁と水の境界線:

« 555 | Main | まぼろし曲馬団の逆襲 »