« May be... | Main | 焼け跡にて »

2004.02.10

海洋冒険小説について

現在,久しぶりに銀河の荒鷲シーフォートシリーズの新刊を読んでいます.

シリーズの骨格としては新任の宇宙船乗りが数々の冒険を乗り越えて成長していく様を描いており,似たような系統としては太陽の女王号シリーズとか,銀河辺境シリーズ等がありますね.

特にこのシリーズと銀河辺境シリーズで共通するのは根底に海洋冒険小説ホーンブロワーの影が流れていると云うことでしょうか?

実際問題として,どうやら欧米人はこのホーンブロワーがいたくお気に入りのようで,もしかしたらトム・ソーヤと同じくらいにみんな読んでいるのではと思わずには居られません(実は根拠無いんですが…)

この辺は国中を海に囲まれたイギリスならではの話でしょうか?そういえば,ホーンブロワーだかボライゾーはスペインの無敵艦隊を破るエピソードがったように記憶しています.しかし,この無敵艦隊(そういえば歴史の教科書で習った覚えがありますが)ってすごいネーミングですよね.

同じように,海に囲まれた日本には同様の大河小説がないのは他国との海戦があまり行われず,せいぜいあっても神風で勝ったりでぱっとしないせいでしょうか?

そこで,海戦物のネタを考えてみました.


  • 倭寇に新しく入った少年が立派な海賊になる話…海賊王子?
  • 元寇の際,陰陽師に成り立ての少年が神風を呼び寄せるようになるまでの話
  • 海軍に入った少年兵がふとしたことから異次元に紛れ込んでしまう話…畝傍?
  • 海軍に入った少年兵が魚雷で敵戦艦に突っ込む話…桜花?

どうも,ぱっとしないですねぇ

そういえば,日本には軍隊の中で少年が成長していく話ってあまり聞きませんねぇ.あまり,少年を育てる環境になかったと言うことでしょうか?

そういえばマスターアンドコマンダーなんてのも同様の分類になりますかね?

|

« May be... | Main | 焼け跡にて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2261/183092

Listed below are links to weblogs that reference 海洋冒険小説について:

« May be... | Main | 焼け跡にて »