« February 2004 | Main | April 2004 »

2004.03.29

田辺

040329123517.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

月刊アスキー別冊「蘇るPC-9801伝説 永久保存版」

私が98を最初に購入したのは1984年だったように記憶しています。それ以来、数台に渡って98シリーズを購入しましたが、結局、9821に移行することなくDOS/V機へと流れていったのは時代の趨勢という物だったのかも知れません。

月刊アスキー別冊「蘇るPC-9801伝説 永久保存版」

しかし、いつの間にか高千穂遙氏はスキンヘッドになられたんですねぇ。私が氏とお会いしたのは私がZOBとか代わりを持つようになったきっかけとも云うべき伝説の調布宴会の席上でした。今となっては懐かしい限りですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

DE893B#ABJ JBLプラチナスピーカ

これがなんだか話題になっているようですねぇ。

  • 値段の割にいい音がするのか?
  • 本当にいい音がするのか?

その辺りの違いは誰の評価を読んでもよく分かりません。

しかし、定価1500円の物に中古で2700円以上の価格を付けるのってどうなんでしょうね?そこまでして、みんな購入したいんでしょうか?なんか、足下を見られている感が強いのは私だけでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.28

トンカツ茶漬け(松紳メモ)

今日、話題に上ったトンカツ茶漬けって、たぶんここでしょうかねぇ
用賀にもあって、昔、何度か昼を食べたことがあります。

私はここの漬け物が結構好きだったりします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.24

青の時代

読書日記を更新しました

伊集院大介の青春…いやぁ、十分に老成していると思います
これじゃあ、誕生編は誰でも読みたくなるでしょう

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.22

苦渋の決断

毎回のように選考基準に関して曖昧さを指摘される事に対抗してか、今回は「選考会の記録のみ」で選ぶという選択基準を選考会終了後に明示するという意味不明の決断をされたようです。願わくば、1年くらい前からそれくらいの基準ははっきりと明示すべきだったのではないでしょうか?

今回のやりようを見ていると特定の人気選手を故意に外そうとしているのではないかと邪推する向きも出てくるのではないかと心配です。

なんというか、選考委員会のメンツを守るための苦渋の決断より、五輪勝利へ向けての勇気ある決断をして欲しかったものです。

しかし、何故、苦渋の決断なんですかねぇ?選考基準に照らし合わせて公正に判断したならば苦渋の入り込む余地など無いのではないでしょうか?結局、勝利より保身を選んだが故の苦渋の決断と言うことなんでしょうかね?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.19

Family Business

読書日記を更新しました。

日テレでドラマ化されたときは次男のアンジェロとチャーリーを合わせたような位置づけだったように思います>宮迫さんの役柄

サムスンはいつ…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.18

塩つけ麺(あなや)

前回は今ひとつ感の強かったあなやでしたが、今回は塩つけ麺に挑戦してみました。

以前も書いたことですがこのお店ではメニューに麺の量がグラム単位で表記してあります。そして、つけ麺系は260グラムとなっています。ただ、つけ麺だけは中盛り(360グラム)を追加料金なしで注文することが出来るようですが、初めてのことだったので今回は通常サイズを注文しました。

店にはいるとそれなりに席は埋まっており、客層も老人から若者と多岐に渡っています。例によって食券を券売機(この券売機、いまだに新500円玉に未対応ってどういう事ざんしょ?)で購入して席に着きました。

暫くして、臨席の若者に中盛りのつけ麺ができあがってきました。それを見た私は普通盛りにしておいて正解だったと胸をなで下ろしました。それほどにその麺は大量感を醸し出していたのです。

ここで正直に告白すると、私は基本的にラーメンはとんこつ系かみそ味のスープを好み、塩味は殆ど食べたことがありません。また、頼んだ場合は胡椒を入れるのは当然として、時には醤油を入れるという暴挙に出たこともあります。なんというか、塩ラーメンに関しては中学時代に受けたトラウマが原因となって、爾来10年以上今に至るまでほとんど口にしたことがなかったのです。

また、つけ麺はかつてつけ麺大王が流行った当時一回だけ食べ、あまりに味が薄かったため嫌になり、数年前麺屋武蔵で失敗作としか思えないつけ麺を食べるまで口にせず、さすがに武蔵のつけ麺は美味しいだろうと口にしたところあまりのまずさに再び口にするまいと心に誓いました。

そんな過去を持つ私が何故、ここに来てつけ麺を頼んだのか、はたして味は…数々の謎に答えは有るのでしょうか?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

使えないハンドル

結局コントローラのR釦が接触不良を起こしている事が判明しました。そこで、仕方がないのでハンドルコントローラを探したところ見つかったのがこれ

部屋の片隅に落ちていた物を発見した図

でもこれはサターン用なんですよね。はたしてDC用のコントローラは見つかるのでしょうか?

っていうか、持っているのか>自分

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.17

座頭市

座頭市をやっと見ました.前評判に違わず、中々面白い作品ですね.

特にたけしと浅野の対決は三船と仲代の対決以来の背筋が凍るほどの名シーンだったと思います.また、タップダンスも同じタップをやる一人として楽しめました.

座頭市といえば勝新太郎ですが、たけしの座頭市も中々侮りがたいものがありますね.シリーズ化とかしないんでしょうかねぇ

不覚にも監督は北野武で主演はビートたけしになっていることに気づいていませんでした.他の北野作品も同じみたいですね.

考えて見ると勝新の方は海を渡ると唐人剣くらいしか記憶に残っていなかったりします.特に海を渡るは大魔神とのカップリングだったせいか、記憶もあいまいだったりするのはご愛嬌ということで…

ちなみに安田道代(2代目女三四郎?)のファンであることは秘密だったりします.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.15

[SEGA]CRAZY TAXI 2

[SEGA]CRAZY TAXI 2
なんか、今でも結構DC用のソフトってリリースされて居るんですねぇ

と言うわけで、古いソフトを引っ張り出してきて遊ぶ事にしました。

円盤をDCにセットして電源を入れると、日付を設定してくださいの画面…そういえば暫く電源入れた覚えがないな

日付を設定後、ゲームスタート、なんだかすっかり忘れています。全然客を運ぶ事が出来ません。しばらくすると、何となくMyTxyiにスピード感が感じられなくなってきました。ついに昔取った篠塚…じゃなくて杵柄(う~ん、古典的なギャグ)で感覚が戻ってきたのでしょうか?

しかし、事態は私の予想を遙かに超えて悪い方向へと流れていったのです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.11

Copain Copine

今日は会社の同僚と新しくできた韓国家庭料理Copain Copine新宿店で宴会でした。

全体に美味しかったですが中でもチヂミと骨付きカルビが結構私の好みにマッチしていました。〆的には辛い系のスープ等が欲しかったところでしたがお腹一杯で無理でした。

2時間と予約していたはず何ですが5時間近く居座ってしまいました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.03.10

カート豹変す

元々、カートはへたれキャラなので正義の味方とか言われると笑っちゃっていたのは私だけでないはず。

だいたい、カートがスキンヘッドになった経緯を知っていたらとてもカートは応援できないでしょう。

It's true! It's true!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.09

濃厚魚出汁ラーメン(あなや)

麺は自家製のうどんみたいな感じでした
結構ボリュームがあって、大盛りにしなくて良かったと思いました。

ちなみにメニューに麺の分量を重さで表示しているのは麺に対する自信の表れだと思います。

040309182855.jpg

嗟(あなや)哉

| | Comments (0) | TrackBack (0)

はらわたを取り出して売る人々

なかなか皆さん、鵜の目鷹の目で凄いですねぇ

でも本当にそんな値段で売れるんでしょうか?買値と売値でトントンってところが良いところだったりしないのかな?中古で49800円って事は買い取り価格はそれ以下って事だろうし、皮算用で終わらなければ良いですね。

この手の話は最初に手を付けた者勝ちなところがあるからなぁ

Tom-Style: Creative NOMAD MuVo2 4GBを転売しよう!

安価な記憶装置を求めて、デジタル音楽プレーヤーを分解

どうやら、iPod miniのドライブはダメみたいですね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.08

唐そば

あまり、テレビの影響は受けない私ですがどうしたわけか、急にこの店に行ってみたくなりました。別に土曜のお昼、CXの番組を見たというわけではないはずですが…

この店はビルの一階に入っており、外から見たとき一種独特の違和感を感じました。それはおそらく、店の入り口の辺りが簀の子のような物で底上げされており、靴のまま足を踏み入れても良いのかどうか一瞬、私を躊躇させるに足る雰囲気が醸し出されていたせいかもしれません。

私が行ったのは金曜の20時前という食事の時間帯を外れていたせいか、店に入るとお客は誰もおらず店員が4人ほどカウンターの内側に立っていました。おもはず、引き返そうかと思ったのですが店員の一人(結構好みの綺麗な女性だったこととは関係ないのですが…多分)が近づいてきて席を勧められたのでとりあえずカウンター席に腰を落ち着けました(とはいうもののなんか店員に囲まれて気持ち的には落ち着くどころの騒ぎではなかったりします)

「注文がお決まりになりましたら申しつけください」というような言葉も上の空に辺りを見回してみると、メニューらしき物が目には入れました。どうやら、料理はラーメンとラーメン大盛りの2種類だけのようです。そのほかにはおにぎりが1皿100円で2ヶ載っているようですが、一ヶでも良いとのことです。そのほかにはゆで卵が50円とかなりシンプルなメニューで決めるも何もラーメンを大盛りにするかサイドメニューをどうするかと云うことくらいしか選択の余地はなさそうです。まぁ、そうは云っても食べるものは限られて居るんですからそれはそれで正しい営業方針かも知れないと思い直し注文をしました。

ラーメンとおにぎりをお願いします。

それから5分ほどでしょうか、ラーメンとおにぎりがやって来ました。

このおにぎりですが、見た目はただの白いお米を握っただけのシンプルな物に見えましたが、食べてみると、長い間空気にさらされていたせいか表面が少し堅くなった、具の何も入っていない、味のないおにぎりでした。これならラーメンと一緒に食べてもラーメンの味を邪魔することなくスープ等を味わうことが出来ることでしょう。

さて、肝心のラーメンですが叉焼は食べようと箸で掴むとすぐちぎれてバラバラになるほど薄くスライスした物がよく煮込まれています。麺は細めのストレート麺です。私の好みから云えばあと1,2分ほど茹で時間を短くしても良いかなと云うくらいの感じですが、病人とかには最適な柔らかさかも知れません。

ちなみにおにぎりに付いてきた沢庵はもう3枚欲しくなるほどの美味しさでした。

私が帰るまでにはあと二人ほどお客さんも増え、それなりに繁盛していることを伺わせました。

私がこの店に再び訪れたとしてもそれは決して店員のお姉さんが気に入ったからと云うわけではないと思います…多分

ラーメン 唐そば

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.07

看板の掛け替え

やはりシンプルなのが一番、と言うことで看板を掛け替えました

ただ、あまり壁紙に良い和紙を使わなかったせいかちょっと滲んでしまいました

ちなみに看板を掛ける手順は次の通りです。

  1. 看板を作る
    これはお絵かきソフトで作ります。私はこれを使いました
  2. 作成した看板をここログにアップロードする
    記事の作成から“アップロード”を利用します
  3. タグを取り出す
    アップロードが済むとタグをwebに埋め込むを選ぶとタグの例をここログが教えてくれますので、これをコピーしておきます
  4. サブタイトルの欄にタグを埋め込む
    この時、ポジションを指定することにより看板の位置を決めます
    <img style="position:absolute;top:1px;" src="http://kaoru.way-nifty.com/journey/Title.gif"/>
こんな感じですかねぇ

何はともあれ、看板の作成が一番センスを必要としますねぇ(涙)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ふじみ湖

ワイドショーを見ていると茨城県のふじみ湖について紹介されていました。

そろそろ、行政側の利益だけを考えた事業は辞めるわけに行かない物でしょうかねぇ。特に、今回の事業財団側はTVの取材を拒否した上で、一方的な報道と陰で広めようとしているようです。誰が見ても後ろ暗い物を隠しているとしか思えません。

確かにTVを見た限りでは行政側の横暴な行動しか伝わってきません。自らの行為にやましいところが無いのならば取材に応じて堂々と意見を発表すればいいのではないでしょうか?公共事業であるからこそ、住民、国民に対して十分な説明をする義務があると思います。

ふじみ湖原告団

| | Comments (0) | TrackBack (0)

昔からの疑問

いつの頃でしょうか、私には一つの疑問が生まれました。

先日、長嶋監督が脳梗塞で倒れたという報道があり、それに伴いよく耳にする言葉があります。

巨人
他のチームでは聞いた覚えがないんですが、何故か巨人だけは名称の後ろに‘軍’の文字がつけられて呼ばれています。これに対して、世間の人々は違和感を覚えないのでしょうか?社会党や共産党はよくクレームをつけなかった物です。

よく聞いていると、大リーグのチームを表現するときも時折‘軍’という呼称がつけられることがあるようです。しかし、国内の球団では‘ジャイアンツ’だけではないでしょうか?

ところで、この‘ジャイアンツ’ですがこの呼称もなかなか興味深い物があります。

長嶋監督には早く元気になって頂きたい物ですね。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

2004.03.06

Chance

読書日記を更新しました。

私はどちらかというと、ホークのファンだったりします。

ああ、もちろんスーザンも嫌いというわけではないです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.05

看板を出す

看板を作ってみたのでちょっと出してみました。

う~ん、やっぱりセンスがないですねぇ

ちなみに、取り付けにおける試行錯誤の過程を目撃された方は心の奥にそっと仕舞っておいてください。

CSSのPositionタグを相対指定で使ったときは負のパラメータ使えなかったのでしたっけ?
って、誰に聞いている>自分

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.03.03

魔女のソナタ

読書日記を更新しました

どうも、この作品に描かれている世界は好きになれないっす

そういえば伊集院大介も「猫目石」でゲスト出演をはたしていたんですねぇ
私としてはそろそろ薫君にも活躍して欲しいものなんですが…


| | Comments (0) | TrackBack (0)

森雪、野上冴子のアノ声優が真打ち昇進

麻上洋子と言えば森雪ですかねぇ
そういえば暫く見ないとは思っていたんですが…講談師になっていたとは驚きです。
ちょっと甘ったれた感じの声質だったような感じですが、気が付いたら島津冴子だったりして…

森雪、野上冴子のアノ声優が真打ち昇進

| | Comments (0) | TrackBack (0)

されど君は微笑む

読書日記を更新しました。

こういった、別シリーズ作品の登場人物がクロスオーバする話って好きなんですよね。
ファンタジーではマイクル・ムアコックのシリーズ(作品群)が有名ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.02

Transporteur

劇場公開時から見たいと思っていたんですが何故か見ることが出来ずにいた作品です。ちなみにタイトルはフランス語のようですね。

主人公のフランクはドイツ人かと思っていたらイギリス人とのこと、私としてはああいうきっちりした性格はドイツ人的であり、あんましイギリス人という感じはしないんですが…

ストーリ的にはいつも厳格に自身が決めたルールを守ってきた主人公のフランクがある依頼を遂行する途中、預かった荷物の中を見てしまったことに端を発し命を狙われるという、まぁありがちな展開です。

このフランクはどうやら、英国の特殊部隊上がりという設定らしく、随所に盛り込まれた戦闘シーンでは香港映画もびっくりと云うほどのアクションを決めてくれます。個人的にはバスの中でのナイフを使ったシーンがお気に入りだったりします。

映画全体としてはテンポも良く、フランスの警部が結構良い味を出していたりしており、結構楽しい作品に仕上がっていると思います。なによりヒロインのスー・チーが結構良かったと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.01

無線LAN導入(XP設定篇)

さて、いつまでもふてくされているわけにも行きませんので、気を取り直してU101/Pの再設定に取り組みました。

Uを立ち上げて、ネットワーク接続を見ると前回作成したワイアレスLAN接続2があります(なんで、初めて作ったのに2?)思い返してみると、この接続はAPを設定するときに使った有線LAN接続を流用した物でした。う~ん、手抜きしないで改めてワイアレスLAN接続を作成することにしました。

新規接続から初めて、ウィザードに従い設定していくと今度は簡単にネットワーク環境にアクセすることが出来ました。どうやら、ピアトウピア接続の設定をモディファイしたのが悪かったんでしょうかねぇ

何事も横着はいかん

と言うことですかねぇ

何とか、これで設定も終わり、快適な無線LAN環境が出来たわいとばかりに電波の強度とかを調べてみることにしました。尤も、調べるといっても、タスクバーに出ているネットワーク接続アイコンに表示される電波の強さをチェックするだけだったりしますが…

まずは二階で調べてみると、さすがAPと同じフロアーだけに非常に強いとの事。これは、APの設置してある部屋だけでなく、隣の部屋でも変わりません。さすがに木造建屋と言うことでしょうか?

続いて、階段を下りて一階にむかいました。階段の途中でも電波強度は非常に強いまま、購入前の弱気は何処に行った?てな感じです。一階に下りて今にいくとさすがに途中ガラス戸があったりして強いまで表示が下がりました。どうやら、一階は何処でも強いもしくは時々非常に強い、ってかんじですね。

これなら、インターネットアクセスも問題ないだろうと云うことで、早速、そのサイトへアクセスしてみました。その結果、UはIEEE802.11bのみ対応と言うことで通信パフォーマンスに関しては若干諦めていましたが、予想以上に快適な速度でアクセスすることが出来ました。これなら、それほどストレスを感じることなく利用できそうだと思い、次なる試験となるファイルのダウンロードに挑戦してみました。

しかし、このダウンロード試験が私を新たなる無間地獄へと誘うことになろうとは神ならぬ身の私には知る由もなかったのです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2004 | Main | April 2004 »