« Family Business | Main | 青の時代 »

2004.03.22

苦渋の決断

毎回のように選考基準に関して曖昧さを指摘される事に対抗してか、今回は「選考会の記録のみ」で選ぶという選択基準を選考会終了後に明示するという意味不明の決断をされたようです。願わくば、1年くらい前からそれくらいの基準ははっきりと明示すべきだったのではないでしょうか?

今回のやりようを見ていると特定の人気選手を故意に外そうとしているのではないかと邪推する向きも出てくるのではないかと心配です。

なんというか、選考委員会のメンツを守るための苦渋の決断より、五輪勝利へ向けての勇気ある決断をして欲しかったものです。

しかし、何故、苦渋の決断なんですかねぇ?選考基準に照らし合わせて公正に判断したならば苦渋の入り込む余地など無いのではないでしょうか?結局、勝利より保身を選んだが故の苦渋の決断と言うことなんでしょうかね?

|

« Family Business | Main | 青の時代 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2261/337389

Listed below are links to weblogs that reference 苦渋の決断:

« Family Business | Main | 青の時代 »