« 新しいものずき | Main | 牛たん照り焼きオムライス »

2004.06.07

Next, is iPod aimed?

ちょうど、ウォークマンが発売されたとき、ソニーでバイトをしていた私は社内の売店でいち早くこの新製品を手にすることが出来ました。

初代のウォークマンにはヘッドホーン端子が二つ用意されており、一台のウォークマンを二人で聞くことが出来るというカップル仕様でした…まぁ、私には無用の長物でしたが

しかも、ヘッドホーンでお互いに音楽を聴きながらも会話できるようにとトークンマイク機能(正式名称は忘れたので、今名付けました)という画期的な機構も装備されていました。

端的に言うと、本体のマイクで拾った音を各々のヘッドホーンに中継するだけなんですが…確か、オレンジ色のボタンを押している間だけ働くんだったと思います。

それよりも、当時私が驚いた点は別にありました。

そのころ、ヘッドホーンと言えば密閉型が主流で私自身も密閉型のものしか使ったことがありませんでした。

ところが、このウォークマンと同時にSonyが発表したヘッドホーンはオープンエアとよばれる開放型のものでした。それまで、大きく重たい、密閉型のものしか使ったことがない私にとってそれは驚天動地(いやそれほどってわけでも…)の画期的製品だったわけです。

ちなみに、学校の友人にも勧めて3人でこのヘッドホーンを購入したことは云うまでもありません。

ソニー、ウォークマンを巡る訴訟で「発明者」に数百万ドルを支払う

そういえば、ウォークマンの宣伝は博報堂が担当してヘッドホーンをして音楽を聴きながら街を歩くという今となってはありふれた風景、当時としてはかなり斬新な利用法を浸透させるため、さくらを雇って街に放ったと言う話は有名ですね。

この時の努力がなければ、現在における電車におけるシャカシャカ音の迷惑も発生しなかったと考えると感慨深いものがあります。

|

« 新しいものずき | Main | 牛たん照り焼きオムライス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2261/727002

Listed below are links to weblogs that reference Next, is iPod aimed?:

« 新しいものずき | Main | 牛たん照り焼きオムライス »