« June 2004 | Main | August 2004 »

2004.07.30

アップル - Dockコネクタ搭載のiPodとiPod miniでの変更点(こうさぎ)

きのうは作戦は向上したかった。


*このエントリは、こうさぎの「Taku」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.27

高校球児に「ハッスルポーズ」禁止令

喜びを素直に現すことを禁止することが教育だと思っているから日本の教育はダメになったような気がします。ゆとり教育とか、個性を重視するという一方でこういった高圧的な姿勢を恥じない神経はさすが教育者としか云いようがないですね

教育の一環でプレーする高校球児たちにとって派手なパフォーマンスは不必要。 本塁打を放って戻ってきたベンチ前で、「ハッスル、ハッスル」はもってのほかというわけだ。
夕刊フジ:神か悪魔か…高校球児に「ハッスルポーズ」禁止令

| | Comments (0) | TrackBack (0)

辛いもの

例によって、いつもの豚カツ屋でチキンカツを食べているときの話

カウンタの左端に座っている二人連れ

一人はどうやらこの店の常連らしく、入って来るなり軽快なトークを展開していた。

そのうち、料理が運ばれてくるとこの男性、よほど辛いのがお好みなのか鬼のように芥子をトンカツに塗り始めました。

それをみていた大将は、件の男性に問いかけました。

「辛いのがお好きですか?」

この店はそれでなくても、カウンタで足を組むなとか、携帯をテーブルに置くなと言った注文の多い料理店であるのに、事もあろうに芥子を鬼のように使うなんて…きっと、地獄のように怒られるに違いないと隣で私はお茶と一緒に固唾を呑んでいました

「(芥子を)醤油に溶かして、キャベツに付けて食べてごらん?」

予想に反して、なにやら怪しげな蘊蓄をたれているではないですか!

しかも、プリンに醤油と同じくらいの怪しさが漂っています。

無理矢理、芥子の醤油割を作られた二人組(辛党とは云ってなかった連れも巻き込まれた模様です)は仕方なく箸を動かし、即席の醤油ドレッシングにキャベツを付けて口へと運びました。

結果は読者の皆さんに委ねますね。自己責任の範囲で試してみてください

ただ、冷静に考えると焼売を食べる時って…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.26

日本の森にオオカミの群れを放て―オオカミ復活プロジェクト進行中

中学生の時にウルフガイに触れてからオオカミに対して特殊な感情を持つ我々の世代としては(どんな世代?)なかなか琴線に触れるタイトルですねぇ

ただ、現実問題としてそれほどオオカミが住む余地があるのでしょうか?

日本の森とやらに…

Amazon.co.jp: 本: 日本の森にオオカミの群れを放て―オオカミ復活プロジェクト進行中

それにニホンオオカミは絶滅したと聞きます。どこからオオカミを持ってくるつもりなんでしょうか?興味は尽きないですね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

我が妻との闘争:史上最大の作戦[後編]

独り者の私には今ひとつ理解できない世界ですが、お母さんの感想には一理あると思いました。

我が妻との闘争:史上最大の作戦[後編]

私もこのブログを読んでいる読者に一言
「子供の無駄遣いは親が、夫無駄遣いは妻が停めてくれますが、独り者の無駄遣いは誰も停めてくれない」
と言っておきたい

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エナジオ 新・宇宙戦艦ヤマト・復活篇

宇宙戦艦ヤマト…ついに復活ですか
最初に復活編の話を耳にしたのはもう10年以上も前の話で西崎さんが捕まる前だったと記憶しています。

第一作の放映時は高校生であった私ですが今では…

ところで、途中作成されたYAMATO 2520とか云う作品は戦歴から外れているようですねぇ

エナジオ 新・宇宙戦艦ヤマト・復活篇

そういえば、King of dethler(ですらは綴りが…)はどうなったんでしょうね?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.22

つけ麺 香月(恵比寿)(こうさぎ)

きょうはうどんも遭遇するはずだった。
Takuが極上へファミマするはずだったの。
きのうはwkaoruがここへ単行本に遙された!


*このエントリは、こうさぎの「Taku」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.20

アップル - Dockコネクタ搭載のiPodとiPod miniでの変更点

再生パフォーマンスの向上って何?

・iTunes 4.5以降とiTunes Music Storeの新機能への対応
・再生パフォーマンスの向上
・音楽を高音質で圧縮(エンコード)するApple Losslessフォーマットに対応

アップル:Dockコネクタ搭載のiPodとiPod miniでの変更点


| | Comments (0) | TrackBack (1)

虫取り

調布にはこんなに大きなカブトムシが棲息しています
040720171111.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.14

梅雨明け記念?

040714123414.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.07.13

一路、東京へ

とりあえず帰京040713210317.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

とりあえず夕食

極上芯たん焼き?040713191905.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.09

暑い日は鰻?

なんか急に鰻が食べたくなったので会社の近所にあるうどん屋に行きました。目当てはうなぎ定食(ひやひやうどん付き)だったりします。

いつもだと、あったかおうどんなんですが、今日はさすがに冷や冷やにしました。

もっとも、見た目的には代わり映えしませんが…
040709123944.jpg
う~ん、この構図だとお新香がメインみたいですねぇ

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.07.08

つけ麺 香月(恵比寿)

昼食を取るためにいつものようにランプ亭に向かっていると、香月の店先に張り紙を見つけました。どうやら、新作メニューの案内のようです。

  • マグロラーメン
  • つけ麺

どちらもお試し価格と云うことで通常800円のところを半額の400円みたいです。

さて、つけ麺好きの私としては食べてみないわけにはいきません。

早速、店に足を踏み入れました。

十二時が近いせいか、店内は満席で待っている客(私を含む)が五人ほどの混み具合でした…もっとも、後から続々と客が入って混雑はさらに加速するわけですから、まあいい条件ではあったと言えるでしょう

待つこと十分少々…知り合いのドラちゃんは五分以上待たせるラーメン屋はたたきつぶしかねない乗りですが穏健派の私はおとなしく待っていました。

ざるの上に盛られたちょっと太めの麺と味噌仕立てのたれが運ばれてきました。

ぱっと見た瞬間、感じたことは

随分とこのたれは具が多い

実際、どんぶりの中には次のような具があふれかえっていました。

  • 細切りの叉焼
  • 味付け卵(半分)
  • 支那竹
  • 焦がしたベーコン?

私は味噌たれを頼みましたが醤油ダレもあるようです。

江戸そば喜代伝

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本での市場規模はどのくらいなんでしょう?

私自身は未だお世話になったことがないんですが、先輩(共に70歳超)二人が一個を半分にして分け合っているところに遭遇したことがあります。

もしかしたら結構、普及していると云うことでしょうか?

しかし、10億元ですか…人数が多いことは知っていましたがものすごい市場規模ですね

 中国政府は2001年、ファイザーに対し、バイアグラの有効成分「クエン酸シルデナフィル」の特許を認可したが、中国の医薬品会社連合は特許の無効化を申し立てていた。 中国のバイアグラ市場は年商約10億元(約130億円)に達するとみられ急拡大中。特許取り消しにより、中国製の“正規後発医薬品”が出回ることになりそうだ。(共同)

Sankei Web:中国政府がバイアグラの特許取り消し 米欧は報復も


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.07

コインの行方

昼休み、コンビニでの出来事です。

最近、オープンしたばかりのファミマで買い物をした私はレジにて支払いをしていました。

当初、小銭でぴったし払えるものと目算して財布を探ったところ若干足りないことに気づき、結局500円玉で支払いました。

そのときです、私の足に100円とおぼしきコインが落ちて当たったのです。それも足の甲に…

当然、私の財布からこぼれたものと思い支払いを済ませて拾うとしたところ、私の直後に並んでいた女性がしゃがみ込み拾ったのです。

その時は、親切に拾ってくれたんだなと思いました。

しかし、その女性はそのままレジに並んでしまいました。

早い者勝ち?

確かに私が落としたという証拠も確信もないですが、足の甲に当たったと云うことは私の財布からこぼれたという公算が高いのではないでしょうか?

あまりにも自信ありげなその女性の姿に私は引き下がらざる終えませんでした…

最も、後で確認した感じでは財布の中身は足りていたようなのであのコインは彼女のものに間違いなかったんだろうと思います…多分

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.06

ジョイスと24

ジョイスと言えば、「ユリシーズ」が単行本で刊行されたとき読んだ覚えがありますが結構手古摺らされたと記憶しています。

聞きかじりなので、間違っている可能性は非常に高いのですが(まぁ、私の記事にかんしては大半が記憶のみに頼って書いているので…)、小説の中の一日が現実の一日に対応すると云うことで有名な作品ではなかったでしょうか?>「ユリシーズ」

最近、24なるビデオ作品を聞いたとき真っ先に浮かんだのはこの作品だったりします。

もっとも、間違っていたらとんだ赤っ恥ですけどね…

遊びをせんとや…: 『ジョイスを読む』を読む-IL情報(11)-

| | Comments (1) | TrackBack (0)

クレジットカード付きEdy使用時の注意点

確かにコンビニなんかで利用すると便利なんだけど無防備ですねぇ

ちなみにマックでは手で押さえておかないとカードが落ちちゃうので必然的に手で隠す形になっていますね

はてなダイアリー - 高木浩光@茨城県つくば市 の日記:クレジットカード付きEdy使用時の注意点

| | Comments (0) | TrackBack (0)

200万マネ達成(こうさぎ)

きょうはここへ直面した。
きのう、ストライクがイメージしたかったみたい。
きのうwkaoruの、全編に更新すればよかった?


*このエントリは、こうさぎの「Taku」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.05

新井素子

作家はあまりテレビに出ないで欲しいなぁ
出来れば作品で語って欲しいです。

いや、深い意味はないんですが…

思い起こせば、まだ石神井高校か何かに在学中、
平井和正へインタビューしてからもう30年近い年月が

可憐な少女も立派になるわけですね

実を言えば、私の中では彼女と高橋留美子は
何となく、日本の女流作家としては同類として
分類されていたりします…秘密ですが

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.04

失われる力

遙か昔からヒーロは自身の力を喪失するという自体に直面してそれを以下に打ち破るかというテーマに挑戦してきました。

思い出せるだけでも
・スーパーマン
・ナショナルキッド
・帰ってきたウルトラマン
・ジャンボーグエース
そして、今回のスパイダーマンがあげられますね

力を喪失するパターンには2週類あるようです。
1.敵の策略により力を失う
 スーパーマン、ナショナルキッド
2.自らのモチベーションが下がり力を行使できなくなる
 帰ってきたウルトラマン、ジャンボーグエース、スパイダーマン

しかし、何故ヒーロは一度その力を失う必要があるのでしょうjか?

どうも、あまりに強いヒーロは力を失う事により、人間性を見る者に
主張しようとしているのではないでしょうか?

そうする事でヒーロとの距離感を縮めようとしているのかもしれません。

ところで、私が初めてこの力の喪失エピソードに出会ったのは「ナショナルキッド」であることは間違いないと思います。特に印象に残っているのは力を失ったキッドが薬を調合して、飲み、そして壁抜けに挑戦しては繰り返し失敗するシーンです。最終的には成功したのでしょうが、何度も挑戦する姿は今でも私の脳裏には克明に残っています…もっとも、本来の映像とは似てもにつかない内容になっているような気もしますが…

今回のスパイダーマンは自らの存在意義に疑問を持ったことによりその力を失ってしまいます。そして、彼はその事実を受け入れてしまい、コスチュームをゴミバケツに捨て去ってしまいました。
裏町の薄汚れたゴミバケツからはみ出すスパイダーマンのマスク…未だかつてこれほどの衝撃的シーンがあったでしょうか?
暗転後、画面に現れたピータにはそれまでの暗い影が見事に払拭されているようです。明るさあふれる笑顔の好青年と変身しています。ある意味、スパイダーマンへの変身以上に大変身といえるかもしれませんね

そんな生まれ変わり、幸せを謳歌しているかに見えたピータがヒーロに立ち返るきっかけはやはり愛する人を守りたいというどちらかというと個人的な事情というところが新世紀のヒーロらしいということでしょうか?

何にしても、全ては第3作への橋渡しという感の強い一作ではありましたね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スパイダーマン2

前半、って言うか全編を通してのピータのダメぶりにはストレスが溜まりますね。ヒーロとしてのカタルシスがその鬱憤を晴らし切れていない感じがちょっと気になりますね。まぁ、悩めるヒーロ全開と言うことでしょうか?

そうはいっても「スパイダーマン3」も必ず見ることでしょうね。

この作品の一番の魅力は街をネットで飛び回るスパイダーマンの姿でしょうね。なんて言うか、あれほど漫画のイメージ通りの動きはいつ見てもすばらしいと思います。

しかし、ラストのMJ…

表情が暗くて、それでなくてもあまり美人じゃないのに


040704173857.jpg

DSC00223.JPG

ヒーローになることの喜びとジレンマを描く『スパイダーマン2』

| | Comments (0) | TrackBack (3)

2004.07.01

Kenzo Suzuki

最近見ないと思っていたらWWEに行っていたのね

輿に乗って出てくるのもどうかと思うけど
担いでいる人足のたれに暗殺者って…

芸者ガールも気になるけど

一体誰がプロモーションしたんだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

考えるロボットロビー

ケリーは原作とはかなり異なった形の結末を迎えたようですね

そのエピソードの中で一カ所気になるカットがありました。
超人間の開発過程の失敗作が数々うち捨てられた中にどう見ても、
えるロボットロビーとおぼしき姿を見かけたのです。

ロビーと言えば、旧TVシリーズではフォーグラ博士(違うって!)と
並んで敵役側大看板の一人ではないですか?

考えるロボットというコンセプトもそうですが、その風貌、語り口、
どれをとっても印象的なキャラクターだったと未だに忘れません。

そういえば、旧シリーズでは不乱剣博士(ちがう?)も結構大胆な
語り口で、追いつめられ、バッカスロボットのリモコンが壊れたとき、
なにやら

アダルカタブラ!

みたいな呪文を唱えながら修理しようとしていたシーンは子供心にも
印象的で未だに忘れることが出来ません…
って、どれだけしつこいんだ>自分

そんな重要なキャラをまるで失敗作としか見えない形で画面上に
発見したとき嫌な予感が過ぎりました。

特にフランケン博士は元々考えるロボットとしてバッカスロボット、
ブラックオックスの二体を開発しましたが、最終的には断念して
リモコンによる操縦方式を採用せざる得ませんでした。

そういった背景のもと登場したロビーは強烈な印象を我々に
刻みつけました。

しかも、ドラグネット博士に至ってはギルバートに乗ってその秘密を
探りにやってくる始末です…

もっとも彼は本シリーズでは原作通りケリー事件で命を…

そんなロビーですが、考えてみると、原作ではロビーはそれほど
重要な位置を占めていません。
単に開発者の牧村博士を殺した殺人ロボット程度の扱いです。

原作のテーストを大事にしている本シリーズでは、もしかしたら
それほど重要な役どころを与えられないのかも知れませんね。

そうは云っても、最終エピソード辺りで最大の敵として登場する
可能性を捨てきれないのは私だけでしょうか?

ちなみにこの”ロビー”という名はアシモフのアレから取ったという
可能性は有るのでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2004 | Main | August 2004 »