« August 2004 | Main | October 2004 »

2004.09.30

I have sold my car at last.

そういうわけで愛車のヴィッツ(愛称ぷじょう~935、別称らんえぼ935)をついに手放してしまいました

今回は予想以上に乗り回してしまい、ちょっと心配しましたがそこそこの値段で売却が出来てしまいました。

さて、問題ですが当初予定では10月半ばに車検の祈願が来ると云うことで、下取りに出して次の車を購入という段取りだったんですが、先に売却してしまったので次の車選定までの時間に余裕が出来てしまいました。

一応、心づもりとしては前回同様のトヨタ車…ヴィッツかistあたり、もしくは家から近いと云うことで日産のマーチとかをターゲットにしていました。しかし、ある日電車で広告を見かけたシトロエンのC2や、日産のTIIDAとかにも食指が動いたとか動かないとか…

ただ、私には車は不要という意見もないわけではないのでその辺は…悩ましかったりします。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.09.29

でたらめな発言(こうさぎ)

きょうTakuは、ここに主演するはずだった。


*このエントリは、こうさぎの「Taku」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.22

鉄人敗れる!?(こうさぎ)

Takuはここでwkaoruはここへエピソードが報道するはずだった。
きょうTakuは、ここでwkaoruとSMAPしたいなぁ。
きのうTakuが、SMAPされた。


*このエントリは、こうさぎの「Taku」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.16

でたらめな発言

朝、ワイドショーを見ていると自身の書いた著に対して
「読みもしないのにでたらめと云われた」
と言うニュアンスの発言が報道されていた

しかし、私の記憶ではその発言をした人物は
「でたらめが書いてあるから読まなかった」
とコメントしていたと思う

ここで、論点になるのはその発言者が
彼の本を「でたらめと」評価したかどうかという点だと思います。

しかし、彼はまわりから「でたらめが書いてある」と言われたから
「読まなかった」と自身で本に対して評価は下してはいない体裁を
とっています。

したがって、本の著者が言うところに「読まずにでたらめと云った」
と言う表現は間違いであると言えないでしょうか?

まぁ、彼としては出版して1年ほど経った作品が今回の出来事で
再びスポットライトを浴び、あわよくば重版を重ねることが出来ると
踏んでいた矢先の彼の発言ですから過敏に反応せざる得なかったんでしょうね

しかし、この件で一番卑怯なのは「読まなかった」と発言した彼ではないでしょうか?なぜならば、直接的には本を「でたらめ」とは批評していませんが他者の評価を引用することにより、自身の行動を決定する際にその評価を採用したとあかしています。

この発言を聞いたものは彼の発言者が問題の本をでたらめと考えていると捉えていると推論せざる得ません。

すなわち彼は直接的に批評して自身に問題が降りかかることを避けつつ問題の本に対するネガティブキャンペーンをワイドショウというマスメディアをただで利用して実行したわけですね

そして、この発言に乗せられてくってかかった著者は自らそのネガティブキャンペーンに知ってか知らずか協力してしまうと言う間抜けな構図が見て取れるのは屈折した考え方でしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.15

サンダーバード実写版(こうさぎ)

Takuはここで:しないです。
きのう、主演したいです。


*このエントリは、こうさぎの「Taku」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.10

吉野屋よ何処へ

昨夜は珍しく吉野屋で夕食
この店舗は牛鍋の代わりにソースカツ丼がありました
個人的にはこっちの方が良いですね
040910105529.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.09

鉄人敗れる!?(こうさぎ)

きのうはここでニコポンスキーしなかった?
きのう、映画は買い物しなかった?
wkaoruは、

かねてから期待していた、ニコポンスキーのエピソードですがTakuの期待を大きく上回った内容になってきましたね。
原作では、ダム

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「Taku」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.08

節約を心に誓った日

昨日は台風が来ていると云うことで久しぶりに新宿のビックカメラへ行きました。特に買い物をするつもりはなかったのですが、気が付くと

  • 宇多田のニューアルバム
  • ブリトニーの新しい奴?
  • ビヨンセの新しいライブ版?
  • ビヨンセの輸入盤
  • 今井美樹のベスト
  • Blackmore's Night AllFor One

とどめはドランクドラゴンのDVD …一体何を考えていたか謎
う~ん、無駄遣いには注意しなければ…全ては台風のせい?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.04

永続的に使用できる移植型コンタクトレンズ、FDAが承認へ

老眼にはどうなんでしょうね?
いや別に私が老眼って云うわけではないんですが…

普通、近眼の場合老眼になるのが遅れる見たいな事を聞きますがレーシック等の手術により視力を回復した場合はそのアドバンテージが失われる見たいです。

このコンタクトを目に移植する(何かますますサイボーグ化が…)技術により視力を回復した場合はどうなるのでしょうか?

少なくとも老眼用のコンタクトは無かったように思うのですが…

そういえば先日白内障の手術関連で老眼に対する視力回復の記事をどこかで見たような気がします。

21世紀中には人類がめがねから解放される日が訪れるのかも知れませんね

WIRED:永続的に使用できる移植型コンタクトレンズ、FDAが承認へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.03

人間の証明

最近、人間の証明がお気に入りだったりします。
もちろん、原作は余りに有名な森村誠一の作品ですね。かつて松田優作主演で映画化されました。TV化されたときは誰が刑事役をやったんでしたっけ?林隆三?…っなわけないですね
角川映画の方はそれまで「狼の紋章」等のアクションスター的要素が前面に出ていた松田優作を、どちらかというと演技派に位置づけた貴重な作品でした。
ダメ男の息子役は岩城滉一だったように記憶しています…違う可能性も高いんですがあまり気にしないでください、あくまで私のイメージにおける話ですから
ちなみにこの岩城滉一ですがこの時期に麻薬で捕まったイメージが強いんですがそれはどうなんでしょうね?ちょうど同じ時期にジョー山中も捕まっているんで撮影中に吸っていたんでしょうね
旧TVシリーズの方で特筆すべき事としては犯人の娘役を当時まだ可憐だった岸本加世子が演じていたんですね。今ではすっかりおばさんキャラが定着した感の強い彼女ですが今見るとやっぱり…以下自粛
果たして落とすことは出来るのでしょうか?
なかなか目が離せませんねぇ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.02

サンダーバード実写版

映画の日と言うこともあり、予てから見たいと思っていたサンダーバードの実写版を見てきました。
何故、わざわざ実写版と断っているかと云えば…

オープニングに期待していたんですが、気が付くとトレーシアイランドは敵の手に落ちていました。どうやら、まどろっこしい前半部を飛ばしていきなりクライマックスからの上映のようです

この時、私の腕時計が確実に45分の時の流れを指し示していたことは秘密です

いやぁ、予想以上に良かったです。登場人物があの1号や2号を模した帽子を被った奴だったらどうしようと密かに心配していたんですがちゃんとしたマシンが実際に動いていました。

子供の頃は2号のファンだったんですが、今見るとやはり1号が一番かっこいいですね

最も、3号に至っては中に鉛筆が入っているんじゃないかと今でも疑っていたりはしません…多分

きっと続編も作られることでしょう

サンダーバード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鉄人敗れる!?

かねてから期待していた、ニコポンスキーのエピソードですが私の期待を大きく上回った内容になってきましたね。

原作では、ダム開発受注に絡んだロボットレースという単発もののエピソードでしかなかったファイヤーⅡ事件をうまく膨らまして敷島重工乗っ取り、それに伴う敷島博士の失踪、大塚署長の失脚と次々に正太郎を襲う災厄は旧テレビシリーズとは一線を画した大人のストーリと言えるかも知れません。

そんな中で、村雨建二と夫高さのエピソードは心温まるものを感じずにはいられません。

そして今回、ロボットレースの裏で暗闘を繰り広げるファイヤーⅡとニコポンスキー操るブラックオックス、敷島重工工場からわらわらと出現したブラックオックス軍団と鉄人すらも破壊したファイヤーⅢ

鉄人に隠されていた太陽爆弾…果たして金田博士は人類の敵だったのでしょうか?

敷島博士不在の今、首をもがれた鉄人の修理は一体誰が?

っていうか、鉄人の頭部がああいった形で破壊されるとは!?
まさに前代見物の光景を見ることが出来ました。

ますます目が離せなくなったニコポンスキー事件ですが、この先どうなってしまうのでしょうか?

ちなみに旧シリーズではニコポンスキーとクロロホルムは同一人物(ニコポンスキーがなりすましていた)なんて裏話もあったりしましたが、今回はどうなんでしょうね?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高校球児に「ハッスルポーズ」禁止令(こうさぎ)

きょうTakuは、男性を闘争するつもりだった。


*このエントリは、こうさぎの「Taku」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« August 2004 | Main | October 2004 »