« 読書日記更新:龍臥亭幻想 | Main | ココア25(こうさぎ) »

2004.11.16

不確かな記憶

確かな記憶が有るのかと言う突っ込みは置いておきますが…

かつて読んだコミック(小説と云うことはなかったと思います)のなかで、次のような記述を目に留めたことがあります。

それまでXXXは不安定な物質であったが、ある日、何らかのきっかけで全世界に存在するXXXが安定化し、以来利用度が上がった。この現象をZZZと言う

何て云うか、肝心な部分が全て失われているので情報としては何の役にも立たない記憶なんですが…

先日(おそらく先週の金曜くらい)、島田荘司の新刊を上下二冊手に入れました。
それが前回記事となった「龍臥亭幻想」だったりします。

この作品は島田荘司作品の中でも御手洗潔と並び立つ…どちらかというと私的には一押しの吉敷シリーズの一編という位置づけ(探偵役は御手洗シリーズでワトソン役を任じている石渡君だったりするのですが)で、吉敷と加納通子の関係に決定的な変化をもたらすことになった重要な作品だったりするわけです…なのに読書日記では

それから数日して、一通のメールが舞い込みました。なんと、「龍臥亭」を「竜臥荘」と誤表記しているとの指摘です。

いやあ、何が言いたいのかと云えばこのメールが舞い込んだのは今回発売になった新刊が「龍臥亭」と縁があったからかも知れませんね。もしも、新作が「龍臥亭事件」と縁もゆかりもない作品であったら私の誤記は彼の人物の目に留まったのでしょうか?

有る意味、彼の人物の中でパラダイムシフトが起こり、普段なら目にしても気にならないような些事が心に引っかかったというわけではないでしょうかねぇ

ちなみに最初に触れた現象がパラダイムシフトであるという意図はありません
もしも、何かこの件について情報意見等有りましたらお知らせください。

|

« 読書日記更新:龍臥亭幻想 | Main | ココア25(こうさぎ) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2261/1978304

Listed below are links to weblogs that reference 不確かな記憶:

« 読書日記更新:龍臥亭幻想 | Main | ココア25(こうさぎ) »